MacBook Pro 2016年モデルの画面不点灯問題の詳細

MacBookPro 修理

image via : MacRumors
一部のMacBook Proで、ディスプレイがつかなくなる不具合が発生しています。

問題が出ているとされるモデルは、2016年モデル以降のMacBook Proの一部でディスプレイと本体をつなぐフレキシブルケーブルに問題がありそれが原因だとされています。
このフレキシブルケーブルの耐久性に問題があり、約2年ちょっと経ったいま症状が出てきていると考えられます。
これで、2016年モデルの大きな不具合はバタフライキーボードと合わせ 2件目となる。
2016年モデルは私も使っていて、ちょっと不安になり調べてみました。




現象はディスプレイがつかなくなる。もしくは、ディスプレイ下部がライトの様にひかりディスプレイに明かりがうまく伝わらない現象が起きるとされています。

問題のフレキシブルケーブル
MacBookPro 修理

image via : iFixit

ディスプレイと本体のディスプレイコントローラーとをつないであるフレキブルケーブルが使用していくうちに破損する事が原因で、もともとの耐久性に問題があったとされています。フレキシブルケーブル自体は約654円程度の部品ですが、アップルの設計上フレキシブルケーブルだけを交換することは難しく、ディプレイのユニットまるごと交換しないといけないとされ、その費用は約6万5,400円。
アップルの設計上の問題もあるとされ、バタフライキーボードの不具合の時のように無償修理プログラムを行うかどうかまでにはまだなっていませんが、バタフライキーボード以来の大きな問題となりそうです。
2016年モデルの大きなトラブルは2件目となる。大きくモデルチェンジを遂げたモデルだけにこういった問題が多く起きる事は考えられる。アップルには早めの対応をしてほしいですね。





この記事の関連商品