iOS 13 はこう変わる !!

iOS13

image via : 9to5mac

2019年の 次期iOS である、「 iOS 13 」。期待のダークモード搭載やCarPlayやホーム画面UIの刷新など iOS 12で搭載されそうで何らかの原因で搭載されなかった機能を含めてかなり大きなメジャーアップデートとなりそうです。
「 iOS 13 」では何が変わるのかを少し書いてみたいと思います。

ダークモード

macOS 10.14 Mojaveでも搭載されたダークモード。iOS 12で搭載されると思われていましたが、iOS 12では搭載されず、「 iOS 13 」での搭載となりそうです。
目に優しく、かつOLEDにおいてはかなり大きな省エネ効果があり、電池持ちが良くなる。見た目もかっこいい。

iOS13

image via : 9to5mac

iOS13
iOS13
iOS13

image via : 9to5mac

iOS13

image via : 9to5mac

UIの刷新

ホーム画面の刷新

ダークモードと並び注目されているのがホーム画面の刷新です。
iOS 12は、安定性とパフォーマンスに焦点としたアップデートになりましたが、今回の「 iOS 13 」は革新性が高く、UIが大きく変わります。ホーム画面やロック画面での情報や通知の方法。アプリの配置などが大きく変わるとみられています。
新しいホーム画面、アプリグリッド、CarPlayインタフェースが刷新され、どの端末でもUIが一致するように微調整することができる。

通知のUIも変わる

今までは、Siriや電話では全画面操作でしたが、これが「 iOS 13 」からはバナー表示されそこで操作することができるようになると言われています。

iOS13
iOS13

クロスプラットホーム刷新

iOS 12 とmacOS 10.14 Mojave では、クロスプラットフォームをサポート。iPhoneやiPadとMacとの連携が更に使いやすくなった。「 iOS 13 」では、更に洗練された連携ができるようになると言われています。

 

 

iOS13

image via : iDropNews

ファイルアプリの刷新

ファイルアプリをアップデートしiPhoneや特にiPadでまるでMacでファイルを扱うようにファイルを扱うことができるように変わるといわれています。また、外部メディアデバイスをサポートする機能も搭載されてくるのではないかとも言われています。
iPad Pro 2018 では、USB-Cを搭載してきたことからあらゆるデバイスとの接続が容易になり、Lightningよりもはるかに拡張性が高くなっています。
2019年モデルのiPhoneもUSB-Cを搭載するという情報がありますが、これからのデバイスはこのUSB-Cがスタンダードになってくると思われ、これに対してアプリ側も機能の拡充や操作性を向上させてくる。アップルもこれを考えファイルアプリをより使いやすいものにしてくるとみられています。

iOS13

image via : Apple

アプリ単体でロックができる

アプリ単体でロックを掛る事ができるようになるとされています。

iOS13

iPad用に新しいUIが搭載される

iPad向けに、iPad専用のUIが搭載されiPadの大きな画面を使って、一画面であらゆる情報確認や操作ができるようになると言われています。

Siriやショートカットがより賢くなる

Siri単体での挙動や返答がより賢くなり、さらにショートカットとの連携もよりシームレスで自然なものになるとされています。

iOS13

image via : iMore



「 iOS 13 」には、上記のような機能が搭載されるとされ、ダークモードやUIの刷新などかなり大きな変更となりそうです。