【 iPhoneのバッテリー延命術 】iPhoneのバッテリーを長持ちさせるテクニック

iPhone バッテリー節約

iPhone バッテリー節約



iPhone バッテリーを延ばす方法

昨年12月から話題になっているAppleのiPhoneのバッテリー問題。iPhoneのバッテリーの寿命を伸ばす方法を今回はまとめておきたいと思います。AppleCareに入っていないユーザーや保証期間内のユーザーは無料で。それ以外でも、2018年12月までバッテリー交換費用が8800円から5600円引き下げられた3200円にて交換を行うと異例の事態となっていますが、iPhoneXやiPhone8を購入した方やバッテリーを新しく変えた方。これからiOSの改善等で問題が解決出来たとしてもバッテリーは長く健康的な状態で維持したいですよね。そんな時どうすればいいにか。世の中には 0%まで全部使って充電した方がいい。などちょっと疑わしい情報とかもたくさんありますが、確実なものは 4項目あります。


最適温度で使用する。

iPhoneに使われているバッテリーは、0℃以下もしくは33℃以上の場所に置いておくだけでもダメージを受けてしまいます。なので、極端な温度での場所での使用は避けるか、対応策を講じる。そんな状況はないと思われがちですが一番やりがちなものとして、80%以下のiPhoneをモバイルバッテリーで充電しているものをダウンジャケットなどのポケットに入れている状態。結構危ないです。Appleは、適温を 16℃〜22℃とされています。涼しい場所ってことですね。

 

充電する時はケースなどを外す。過負荷をかけない。

これは、過度な発熱によるバッテリーへのダメージを防ぐもので、最近は急速充電など充電中の発熱はしやすくなっていると言われています。なので、充電中はケースを外したり、ダウンコートや毛布などの場所に放置せずテーブルにおいて充電するなども効果があるとされています。また、充電しながら重たい作業は発熱と発熱なので、これも避けた方がいいです。

 



最新のiOSにしておく。

これは、バッテリー寿命だけでなくセキュリティ面でも言えることですが、最新のソフトウェアにアップデートしておく。これはアプリ単位でも言えることですが、使いやすさやバグフィックスと同じ様に節電技術も進化し改良されている為です。

 

50%以下にしない100%にしない。

リチウムインバッテリーは、放電深度が深いほど劣化しやすく満充電時も劣化する、特に充電しながら満充電時の状態での作業は劣化を早めると言われています。なので、50%〜80%くらいの間で使い、こまめな充電が一番バッテリーに対しては優しい使い方になります。出先でもモバイルバッテリーを使ってうまくこまめに充電してあげることが良さそうですね。

 ちなみに、500回のフル充電サイクルを繰り返した際に80%の容量を維持できる様に設計されるそうなので、これは逆に言えばバッテリー容量が80%を下回ると、性能は一気に下がる事を意味しています。なので、あまり0℃の環境でiPhoneを使うことはなかなかないと思うし、私含め寝るときに充電するという方も多いだろうし、満充電にしないというのは難しいと思うので、とりあえずは 50%以下にしない様にこまめに充電しながら、充電している時は使わないようにして発熱を避け、iOSやアプリは最新の状態にしておく事。に気をつける事が良いということです。長く使って行く程 影響が出てくる事なのでこまめに継続することが大事なります。



この記事に関連した商品のご紹介

おすすめ Apple関連本