iPhoneⅪ の、ディスプレイ内Touch IDは音波式指紋センサー

iPhone11

image via : ConceptsiPhone

2019年モデルの次期新型iPhone は、進化版のFace IDとディスプレイ内蔵型のTouch IDが搭載されると言われています。
その新型のTouch IDには従来の光学式のものとは異なる Acoustic pulse = 音響パルスを使うものだということが特許資料から見つかったとされています。
これにより、ディスプレイを触れることで指紋認証でロックを解除できる様になるということ。



この技術は、ディスプレイの下に埋め込まれた音波を発する装置で指紋の形状を3Dマッピングするもので、従来の光学式の指紋認証よりも早く正確で、なんにせよ画面を触って認証できるということがすごく便利だということ。
Face IDとの組み合わせで、Face IDの弱点とされてきたマスク着用時や極端に暗い場所や寝起きなどでも指紋認証でロックを解除することができ、
従来のTouch IDの指紋認証は光学式で、言うなれば写真の指紋でも解除する事ができてしまう。
だけど、音波式は生体の音波を用いる為、写真での認証などは不可能でセキュリティもかなり高まることになる。


ちなみに、この超音波式ディスプレイ内蔵型指紋センサーはSamsungの新型Galaxy S10に搭載されることが決まっており、新型Galaxy S10のディスプレイ内蔵型指紋センサーはディスプレイのどこでもというものではなく特定のエリアでのみということだが新型Galaxy S10は、5G通信にも対応しカメラレンズも6個も搭載されるということで、完全に最新トレンドを網羅した一切の妥協のない端末と言える。

このライバル機種に対抗する為にも、やはりアップルも全面対応のディスプレイ内臓Touch IDの搭載は大きなポイントとなり、もちろん 5G通信対応やカメラ性能の向上が必至であり期待される。





通信キャリアを考える

通信キャリア契約なら断然!!
公式サイトが安心・お得!!!