MacBook Pro 2016 トラックパッド修理

MacBook Pro キーボード

ちょっと前のことになりますが、MacBook Pro 2016がまたまたおかしくてApple Storeに持っていきました。

MacBook Pro 2016 にしてからなんとなくMacBook Proの故障というか不具合が多くなった気がします。
以前使っていた、MacBook Pro 2012とかは一度も壊れることはなかったんだけど
MacBook Pro 2016にしてから不具合のニュースが出る事が増えた様にも思うし、
バタフライキーボードの不具合に関しては私も修理に出した。

そして今回は、
「トラックパッドのクリック感が突然無くなる 」
というトラブルが出たので修理に出しました。

MacBook Pro 2016は感圧トラックパッドが採用されていて擬似的にクリック感を出しているのですが突然押してもクリック感がない…。
ポインタの操作やクリックはできるんだけど押した感覚だけなくなんとなくやりづらいのでとりあえず、SMCリセットとNVRAMリセット。セーフブート起動など一通りやってみて再起動してみました。
一度はクリック感が復活して「おっ」って思ったんだけどすぐまたクリック感がなくなってしまってもう一度リセット系をやってみましたが何回やってもダメで、ユーティリティ画面でもおんなじ状態だったのでもうダメだと思ってサポートセンターに問い合わせてみました。



サポートセンターにチャット

Nomad CEO

トラックパッドのクリック感だけが突然なくなって、ポインタの操作やクリックはできるんだけど押した感覚だけなくなって。
SMCリセットとNVRAMリセット、セーフブートはやったけど変わらなかった。
ユーティリティ画面でも同じ症状だった。

SMCリセットとNVRAMリセット、セーフブートまでやって頂いて、ユーティリティ画面でも同じ症状だったのであればハード的に問題があると考えられます。考えられる原因としては、
電源の膨張:電源が膨張してトラックパッドが押し込めなくなっている。
トラックパッド自体の故障:トラックパッド自体もしくは関連する基盤や配線に問題がある。
のどれかで、電源の膨張が一番考えられます。

Apple Store 店員

値段が、保証外で 5万3,000円になると思います。

Apple Store 店員

とのことでした。

とりあえず、私はApple careに入っていないので保証対象外の修理費用が掛かるわけで、5万3,000円は高いなぁと、私はモバイル保険というものに入っているので、それで修理しようか一旦考えます。
後日、一度Genius Barでも診て貰おうと思って、Apple Storeに行きGeniusBARに持って行って診て貰いました。

Apple Store Genius Bar へ

Appleはチャット履歴なんか全部記録されているから状態の把握は事前にして貰えてて説明はせず、パパッと状態を見てすぐ、

Apple Store 店員

たぶん電池の膨張ですね…
って、ちょっとトラックパッドが押し上げられているって…。
見た目では全然そんな感じはしてなくて触った感じも全然違和感もなかったから少しびっくり。
とりあえず、ダイアグをかけさせて下さいという事で、

Apple Store 店員

やっぱりトラックパッド自体の故障か電池の膨張によってトラックパッドが押し上げられていてクリック感がなくなっている。のどっちかだと思います。
という事で、その場で修理依頼をします。

Apple Store 店員

電池の膨張によってトラックパッドが押し上げられている。可能性が高いから電池交換という形で修理します。なので電池の膨張が原因だった場合、電池交換という形で 1万9,800円で修理に出します。
電池の膨張ではなくてトラックパッド自体の故障とかだった場合、5万3,000円などの金額になると思います。
その場合は、一度確認のお電話をしますね。
という事でした。
サポートでのチャットの時に5万3,000円一択だったので、電池交換という形で 1万9,800円で修理できればちょっといいなぁと思い、持ってきてよかったなと思いました。


そして、わかりましたという事で、手続きをして貰っていると店員さんが書類を持ってきて、

Apple Store 店員

今確認しましたら、Quality Program ( E1 ) が適応されていました。なので、無償で修理できると思います。
と、

Nomad CEO

あっ、そうなんですか。
と、澄ました顔をしながら、内心「 マジか⁉️」って感じで、本当に持ってきてみてよかったなと思いました。

2週間くらい掛かるという事で、ネットで修理状況を確認していたらやはり電池の膨張が原因だったみたい。
数日待ち結局1週間程度で修理が完了し正常になって戻ってきて、無償修理で対応する事ができたので良かった。

MacBook Pro 2016 トラックパッド修理
MacBook Pro 2016 トラックパッド修理



ちなみに、第3世代のキーボードに変わってると思います。シリコンの膜が付くようになった最新のものになってます。
キーボードを打った時の感覚と音が全然違う。これも結果的には良かったかなと。

そして、無償で修理出来たから良かったんですが、トラックパッドの保護シールをまた買い直さないといけなくなったのでそれだけ出費になりました。

NEW 13インチMacBook Pro 2016-2018用 トラックパッド保護フィルム 内側保護シール (スペースグレイ)1
NEW 13インチMacBook Pro 2016-2018用 トラックパッド保護フィルム 内側保護シール (スペースグレイ)1
NEW 13インチMacBook Pro 2016-2018用 トラックパッド保護フィルム 内側保護シール (スペースグレイ)1



 

同じ様にトラックパッドのクリック感が無くなった人や、ポインタが操作できなかったり動きがおかしかったりすることもあるらしいので、電池の膨張が原因の可能性が高いそうです。

そして、修理の相談する際はQuality Programの有無の確認を行うと良いかもしれません。

iPhoneの画面が割れた時とMacBook Pro 2016のキーボード問題の時の2回Apple製品を修理に出した事があるんですが、基本的には、ピックアップデリバリーを使ってやるんですが、今回はApple Storeから修理に出したんだけど、ピックアップに比べて修理が終わったらまた取りに行かないといけないのはめんどくさいけど、カスタマーセンターの人とやりとりしてみて納得できないとか、実際みてみないとわからないことなんかもあるだろうから相談だけとかでもカスタマーセンターの人とまた違った意見も聞けるのでApple Storeに行くのもありかなと思いました。あの時そのままピックアップデリバリーで修理に出していたら普通にQuality Program適応なく修理代を請求されたのかって少し思いました。





通信キャリアを考える

通信キャリア契約なら断然!!
公式サイトが安心・お得!!!

この記事の関連商品