MacBook Pro、iMacの発売周期

iMac Early 2020

今回は、iMacとMacBook Proの発売周期について少しまとめてみます。
私自身 現在、iMacはかれこれ 7年前の iMac late 2012。
MacBook Proは、3年前の MacBook Pro late 2016 。
を使っています。
MacBook Pro に関してはまぁいいとして
最近、iMacがさすがに限界を感じてきました。
ちょっと前までは、FINAL CUT ProX を使うときに
モサっとする感じだったんですが
PhotoshopやLightroomがもたつきはじめ
最近では、全体的にモサい感じになっていて
それこそFINAL CUT ProX で書き出しなんか
まぁ遅い。
寝る前に書き出して起きて確認するっていう感じになっていて
そろそろ買い換えようかと思い
色々と考えていて
とりあえず次の最新機種まで待つか
現行の iMac ( Early2 019 ) を買うか。
誰もが打ち当たる壁にぶち当たったので
簡単にまとめてみました。


発売周期

iMac

2019年3月20
2017年6月5日 ( iMac Proも発売 )
2015年10月14日
2015年5月20日
2014年10月17日
2014年6月18日
2013年9月24日
2012年10月23日

iMacは、大体 2年周期で発売されていて
これから考えると
iMacは長らく筐体なんかはほとんど変わっておらず
順当にスペックアップをしてきています。
現行の iMac ( Early2 019 ) は、最大8コアのIntelの第9世代プロセッサを選択できるようになり
GPUも最大でかなりいい Radeon Pro Vegaを選択できスペックが大幅に向上しています。
シングルコアは前モデル比 約7%増、マルチコアスコアは74%増と言われています。
次モデルは
また最大10コアを選択できる
第10世代Coreプロセッサ( Comet Lake-S )が搭載されると見られています。
さらにWi-Fi 6(802.11 ax)に対応するとみられます。
プロセッサより少し遅れての登場となることが多く
2020年5月くらいの可能性が高いとされています。
ただ発売は、周期的にみた場合や
ベゼルの縮小化などの外観の刷新や
Face IDの搭載などモデルチェンジの可能性。
そしてApple独自のチップへの移行などを考えると
2021年の可能性もあり今の買い替えのタイミングは
非常に難しい選択のような気もします。


MacBook Pro

2019年7月10日
2019年5月22日
2018年7月13日
2017年6月6日
2016年10月28日

MacBook Proに関しては、1年毎に
新製品発売がされています。
マイアーチェンジでも進化の幅は大きいのですが
13インチモデルに関しては
どうしても最大でもスペックに限界が
あるため大きなモデルチェンジがあるときに
買い換えるのがいいと思っています。
モデルチェンジは4年毎の印象的で
Retinaディスプレイ搭載や光学ドライブの廃止などの2012年。
Touch BarやTouch ID搭載やバタフライキーボード
スペースグレイなどのカラバリが増えた2016年モデル。
次期モデルの2020年モデルが
買い替え時かなと思います。
発売日は、2020年10月だと言われています。





この記事の関連商品

次号 予告
【iPhone11 Pro レビュー】 1ヶ月間の使用感