New MacBook Pro 発表!! MacBook Pro 2019は最強のラップトップへ

MacBook Pro 2019

Appleが、本日日本時間5月22日(現地時間5月21日)に新型MacBook Proを発表。
高速な第8世代および第9世代のIntel Coreプロセッサを搭載した8コアモデルとなる。
8コアモデルは、MacBook Proでは初
Macのラップトップとしては過去最速となる。
8コアモデルは、MacBook Pro 15インチで選択可能。
これにより、処理能力がクアッドコアモデルに対して最大2倍
6コア仕様のMacBook Proに対しては40パーセント高速になっている。
Touch Bar搭載の13インチMacBook Proも刷新され
より高速なクアッドコアプロセッサを搭載し
Turbo Boost時の最大は4.7GHzに達する。
15インチMacBook Proは従来よりも高速な6コアまたは8コアのIntel Coreプロセッサを搭載し
Turbo Boost時の速度は最大5.0GHzに達します。
MacBook Pro 2019 は、予想通りスペックアップのみのアップデートで
Wi-Fi6への対応は残念ながらなく2020年モデルでの搭載となりそうです。

第4世代バタフライキーボード

そして、バタフライキーボードが進化している。
第4世代バタフライキーボードということになり
今回はデザインと新素材が使われているとい事。
いままであった、キーボード問題に対応している。
MacBook Pro キーボードMacBook Pro 2016 トラックパッド修理 MacBook Pro late 2016 修理【 MacBook Pro Late 2016 修理 】「N」キーが2度押される…。キーボード不具合 闘病録

作業速度の向上

 

  • 音楽制作では、Logic Pro X内部で実行できるAlchemyプラグインの数が最大2倍になり、音楽プロジェクトで同時再生できるマルチトラックの本数が圧倒的に増加。
  • 3Dデザインでは、Maya Arnold内部の処理速度が最大2倍となり、3Dシーンの描画時間を著しく短縮。
  • 写真の編集では、Photoshopで適用する複雑な編集やフィルタを最大75パーセント高速に実行。
  • ソフトウェア開発では、Xcodeを使用したコードのコンパイル作業を最大65パーセント高速に実行。
  • サイエンスおよび研究分野では、TetrUSSで行う複雑な流体力学シミュレーションの計算を最大50パーセント高速に実行。
  • 映像制作では、Final Cut Pro Xで4Kビデオのマルチカムストリームを最大11本まで同時に編集。



価格

Touch Bar搭載の13インチモデルが19万8,800円から
15インチMacBook Proは、25万8,800円から

発売日

apple.com、Apple Storeでは本日 5月22日から。
一部のApple直営店およびApple製品販売店での店頭販売は今週後半より開始。

MacBook Pro 2019
MacBook Pro 2019
MacBook Pro 2019
MacBook Pro 2019




MacBook Pro 20192019年 新型MacBook Pro発売日、予想スペック MacBook Pro 2020MacBook Pro フルモデルチェンジは 2020年。

この記事の関連商品

 

次号 予告
Inkbird ミニ レビュー。これ防湿庫に最高