2019年iPhoneのカメラはトリプル確定。正方形デザインが有力

iPhone11

image via venyageskin1

最近、数々の情報から2019年9月に発売が予定されている次期iPhoneのカメラの数とデザインの方向性が示されつつあります。
次期iPhoneの名称はまだ確定されていないけど、

  1. 「 iPhone Ⅺ 」
  2. 「 iPhone 11 」
  3. 「 iPhone 2019 」
だと言われています。


その次期 2019年モデルのiPhoneは、トリプルレンズカメラが搭載されると以前より言われてきましたが、
トリプルレンズはほぼ間違いなく搭載されるよう。
そしてそのデザインが、今までのような縦長とか横長とか正方形配置などいろいろ言われていきましたが、
正方形型になりそうな感じ。

設計図

 

iPhone11

金型

iPhoneⅪ トリプルレンズカメラ

正方形型が有力

iPhone11

image via : appleleaker2019

iPhone11

iPhone11

image via venyageskin1

iPhone11
iPhone11



ちなみに前面



ただ、まだ試作段階の可能性もあり9月までに変わる可能性もある。
また iPhoneⅪと iPhoneⅪ MAX両方なのか、それともiPhoneⅪ MAXだけなのか未確定な部分はあります。
この他に iPhoneⅪでは、おそらく光学5倍ズームに対応するのではと言われている。
iPhone 8は5倍のデジタルズーム、iPhone Xなどが2倍の光学ズームと10倍のデジタルズームに対応している。光学ズームはズームしても画質が劣化しない為アップルはここも次期iPhoneで大きく改善してくると考えられています。
また、レンズに関しては望遠・広角に加えて、TOFカメラとも言われていますが、
超広角レンズが新たに搭載され、いずれも1,200万画素のレンズとされています。ちなみにこの超広角レンズ用のイメージセンサはSONYのものが使われるようです。
また、フロントのカメラに関しても 700万画素から1,200万画素に改善されると言われています。
iPhone XR の後継とされる、iPhone ⅪRに関してはデュアルレンズへと進化すると考えられている。





通信キャリアを考える

通信キャリア契約なら断然!!
公式サイトが安心・お得!!!