MacBook Pro フルモデルチェンジは 2020年。

MacBook Pro 2020

image via ONEofTECH

まだ、2019年のMacBook Proも出ていませんが、「 MacBook Pro 2019 」に関しては
マイナーチェンジに止まるとみられていて、ハードの大きな変化や新機能はないとみられています。
前回のフルモデルチェンジは2016年。
前々回のフルモデルチェンジは2012年。
MacBook Proのモデルチェンジはだいたい4年とされていて、
次は 2020年。
なので、フルモデルチェンジの「 MacBook Pro 2020 」はどうなるのか。


MacBook Pro 2020

image via ONEofTECH

MacBook Pro 2020

image via ONEofTECH

CPU

自社開発のARM系CPUが搭載されると言われています。
繰り返し言われてきたことですが、
2020年搭載に関しては、現在Macに搭載されている Intelの開発者からの情報が元となっています。
これにより、Mac・iPhone・iPadのアプリが統合されて、同一アプリが全て同じプラットフォーム上で動作すること意味し、iOS App Storeと Mac App Storeも統合されるとみられています。
「Kalamata」というコードネームで開発が進められていて Mac、iPhone、iPadなど全てのデバイスをシームレスに機能させる為に自社開発のARM系CPUに移行するものとみられていて、製造は A12など「A」シリーズを独占供給しているTSMCが担当するものとみられていています。
自社開発のARM系CPUになることによって、Mac、iPhone、iPadなど全てのデバイスの連携のシームレスか、アプリの統合。さらに、処理能力と低消費電力化が向上したMacが期待できます。

新型FaceID搭載

MacBook Pro 2020

image via ONEofTECH

特許情報から網膜スキャンを利用した新型のFaceIDが搭載されると言われています。
網膜はは複雑で、網膜パターンは双子であっても全く異なるそうです。
より高いセキュリティのFaceIDと言えます。

Wi-fi 6 対応

IEEE802.11ax 規格に対応するとみられます。

USB 4.0 対応

MacBook Pro 2020

image via ONEofTECH

USB 4.0搭載。

iPhoneなどを充電できる機能

これは噂の域ですが、MacBook Proのパームレストなどから、Qi対応のiPhoneやAirPodsケースを充電できる様になるとも言われています。AirPowerが一旦開発中止になったことから、Apple Watch の充電はどちらにしろ無理そうです。

Touch Barの大型化

2016年から搭載され始めたTouch Barが、より操作性と視認性を向上した
より使いやすいものに大型化されたものになると言われています。

ベゼルの小型化

液晶パネルのベゼルが狭く縮小されるとみられています。

MacBook Pro 2020

第2世代Apple Pencil 対応

トラックパッドに対して、Apple Pencilが使える様になるんじゃないまともいわれています。





MacBook Pro 20192019年 新型MacBook Pro発売日、予想スペック

この記事の関連商品

 

次号 予告
USB 4.0 について