iPhoneⅪ のトリプルレンズカメラ、3つ目の眼はTOFカメラ

iPhone 2019 カメラ

2019年のiPhoneにはトリプルレンズカメラが搭載されると言われていますが、その詳細は、1,400万画素 f/1.6 広角が1つと、
1,200万画素 f/1.8 望遠レンズが 1つ。3Dセンサーカメラレンズが 1つ。になるのではないかと言われています。
また、インカメラの性能も向上し 1,000万画素、f/1.8程度にアップグレードされるのではないかとされ
TrueDepthカメラの改良によりFace IDの進化とノッチの小型も考えられています。

その、リアの3Dセンサーカメラレンズと、TrueDepthカメラの3Dレンズが TOFカメラになる可能性があると言われ始めました。Appleは AR=拡張現実に力を入れていると言われ、2019年のTOFカメラシステムもその一環とされています。

TOFカメラとは
TOFカメラ = トフカメラ、Time-of-Flight Cameraとは、光の飛行時間を利用し三次元の情報を計測するなカメラのこと。被写体に対してパルス光を照射し画素毎の反射時間を計測することで三次元的な情報を計測するもの。以前までは 3Dスキャナとして主に使用されてきた技術で、最近は自動車の自動運転に応用が期待されている技術。通常のカメラと違うところはパルス発光を行う光源があるところ、信号処理に3Dセンサと比べて高い信号処理能力が必要となる。

  • 3Dセンサと比べて部品数が少なく構造がカメラと似ているため製造過程でコストカットできる。
  • 光線を照射する為、暗い場所でも使用可能。
  • 写真撮影と同時に深度情報が記録できる。
iPhoneにTOFカメラが搭載されれば、ARの大幅な改善につながり、周囲の領域の正確な3D画像を作成するためより正確な奥行きを可能にし、写真はさらに自然なボケ、暗所撮影でも綺麗になる。
また、AppleのフロントのTrueDepthカメラは3D技術を使用していますが、Face IDも精度が向上し、赤外線ではなくレーザーになる事で、今は 約25〜50cmの距離でしか動作しませんが、約4.5mまでの領域をスキャンできるようになると言います。
また、この技術はサプライヤーとして日本のSonyも開発を行うとも言われています。

ただ、これが2019年のiPhone 「 iPhoneⅪ ( iPhone11 ) (仮) 」に搭載されるかどうかは確実な情報はなく2020年モデルくらいの搭載になる可能性もありますが、ToF型カメラシステムはアップルのAR技術の進化、iPhoneやiPadのカメラ性能向上の一役を担うことは間違いないとされます。