「ミニマリスト」ならぬ「モノマリスト」



「ミニマリスト」ならぬ「モノマリスト」

この前面白そうな本を見つけたのでその話。「人生を変えるモノ選びのルール: 思考と暮らしをシンプルに」というタイトルの本で、最近ミニマリストという言葉が流行っていますが、それならぬ「モノマリスト」という言葉を使って “モノ” にこだわりを持って、モノが溢れている時代だからこそ、ただ買いまくってモノに溢れていたり、買ったけど結局使わないものでなく自分で厳選したモノをずっと愛用してスマートに生きていく。というもので 「 monograph () 」という私も見ているBlogメディアを書いている 堀口英剛 @infoNumber333さん著作のもの。





読んでみて私は、私も昔からモノにこだわりを持っていたので、「へぇー」や「なるほど」ではなくて、「たしかに」「そうそう」という共感が出来た。デジタルの時代になって便利になりモノもデジタルに集約されてきて例えばiPhoneだけで完結できる事も増えてきてたりする。その一方で同じジャンルに沢山のいいモノがあり選ぶセンスや知識が求められる。また、モノは人それぞれ相性があったり、古き良きモノには、それなりの理由がありやっぱりいいモノだ。それを如何に見極めて取り入れて生活を良くするか。モノは道具で人間の進化は道具の進化。いわゆるモノの進化。でありこれを良くする事は生活を豊かにしてより良い人生になりますよね。

という感じの本だと私はそういう気がしました。私のようにモノが好きな方や買い物が下手な人。またミニマリストな方には面白い本ではないかなと思います。



人生を変えるモノ選びのルール 思考と暮らしをシンプルに

The simple, life-changing RULES for choosing THINGS

 

人生を変えるモノ選びのルール: 思考と暮らしをシンプルに

人生を変えるモノ選びのルール: 思考と暮らしをシンプルに

人生を変えるモノ選びのルール: 思考と暮らしをシンプルに

人生を変えるモノ選びのルール: 思考と暮らしをシンプルに

人生を変えるモノ選びのルール: 思考と暮らしをシンプルに

人生を変えるモノ選びのルール: 思考と暮らしをシンプルに

人生を変えるモノ選びのルール: 思考と暮らしをシンプルに

人生を変えるモノ選びのルール: 思考と暮らしをシンプルに

内容

内容紹介

内容紹介

ミニマリストからモノマリストへ。物欲をスマートに!無駄がなくなる、迷いがなくなる。

好きなモノひとつで人生は変わる――。
「モノの選び方は、その人の生き方や考え方に直結するというのが私の持論。自分で考え、本当に良いと思ったモノのみを選択する。モノ選びは自分らしい人生を歩む第一歩です」
ミニマリストからモノマリストへ。
物欲をスマートに。無駄がなくなる、迷いがなくなる。
思考がクリアになり、暮らしが洗練され、毎日がときめく。
シンプルライフの決定版。

「ときめくモノ」をあつめよう/朝一番に楽しいモノを/語れるモノを持とう/若者はモノに投資しよう/「普段使い」にこそ一張羅を/視覚のノイズを減らす/可能な限りクラウドへ/基盤を揃える/iPhoneを毎年買い替える理由/1ジャンル1アイテム/詳しい人に聞くのが一番/一見は手ざわりにしかず/ほしいと思ったときが買いどき/「調和」を第一に/一日一つモノを捨てよう/良いモノは独り占めしない/人をつなぐモノ/場所が変われば思考も変わる

【本書で紹介する「モノ」】
PC MacBook 12インチ 「薄くて軽くて“頼れる”大切なメインマシン」
ソニーのα7R IIとレンズ2本 「日常を最高の状態で切り取りたい」
MOTHERHOUSEのアンティークスクエアバックパック 「四角いリュックの最高峰」
The Dash 「自由になれる完全ワイヤレスイヤホン」
Hender Schemeのスエードポーチ 「柔らかな手触りの小物入れ」
……and more

著作略歴

堀口/英剛
1990年生まれ。埼玉県出身。ブログ「monograph(モノグラフ)」編集長。株式会社drip代表取締役社長。早稲田大学在学中の2011年にmonographの前身となるブログ「NUMBER333」を開設。ときめくこだわりのあるモノ(製品)を紹介するブログとして、1年3カ月で月間100万PVに成長。大学卒業後、Yahoo!JAPANに入社。大手広告会社の担当営業を務める。本業の傍ら副業としてブログを継続(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

【プロフィール】
堀口英剛(ほりぐち・ひでたか)
1990年生まれ。埼玉県出身。中目黒在住。ブログ「monograph(モノグラフ)」編集長。株式会社drip代表取締役社長。早稲田大学在学中の2011年にmonographの前身となるブログ「NUMBER333」を開設。ときめくこだわりのあるモノ(製品)を紹介するブログとして、1年3カ月で月間100万PVに成長。大学卒業後、Yahoo! JAPANに入社。大手広告会社の担当営業を務める。本業の傍ら副業としてブログを継続。2014年にmonographとなる。2017年に独立しdripを設立。本書が初の著書になる。

この記事の関連商品