やっぱり2016年モデルのMacBook Proのキーボードは不具合が多かった

MacBook Pro キーボード



MacBook Proのキーボードの不具合をappleinsiderが検証

以前、我が MacBook Pro のキーボードの不具合の記事を書きましたが、



 

appleinsider が 2014年から2017年のモデルをアメリカのApple StoreのGenius Barと正規代理店のデータから、発売から1年目でキーボードの不具合にて修理した件数を調べて発生率を比較したデータが掲載されていて、結果…やはり 2016年モデルの MacBook Pro  はキーボードの不具合が多かった。





MacBook Pro 2016 から新たにMacBook Proに導入されたバタフライキーボード。MacBookで新たに搭載されてその後 MacBook Pro に搭載されてきました。

各モデル別のキーボード修理の比較

発生率

サービスイベントキーボード関連キーボード
修理発生率
2014年モデル2,120件118件5.6%
2015年モデル1,904件114件6.0%
2016年モデル1,402件165件11.8%
2017年モデル1,161件94件8.1%

このまとめられた表を見ただけでも一目瞭然に2016年モデルのキーボードに関する不具合は他モデルに比べて非常に高く、全体の修理件数は2014年や2015年モデルよりも少ないにも関わらずキーボードに関しては倍近くにもなっている事がわかります。

また、1度修理してもまた修理するといった再修理の事例も多いそうで、これはもう、バタフライキーボードへの移行が原因の可能性がかなり高く、なんらかの欠陥があると言われてもおかしくないし、修理記事にも書きましたが現に私が修理を依頼しにApple Storeの GeniusBarに行った時も「今日で4人目です」と言われたのも納得ができる様な気がします。

 

2017年モデルの第2世代バタフライキーボードも注意

2017年モデルでバタフライキーボードは修正されて、タイピング時の音の軽減等が修正され、上記の表からも不具合は減っているものの、発生率は低くはなく、発売されて時間もあまり経っていない為に発生率が低く出ている可能性、そして構造上は同じバタフライでもある事から不具合が出る可能性はある為、気は抜けない感がある。私のMacBook Proも不具合がではじめたのはちょうど1年目。

1年以内であれば、AppleCareに加入していなくても無償修理が可能だが、それ以降でAppleCareに加入していない場合は、いわゆる保証対象外の修理の場合、約 7万7000円掛かります…。

バタフライキーボードは、筐体の薄さに寄与してくれて、タイピングも個人的にはしやすい。なにより見た目がかっこいいので大変いい進化だと思う。

だけど、正常に動かないなら意味がないし、思い通りに文字が打てないとすごくフラストレーションが溜まる。

早急な改善と、これだけの発生件数がある以上、バタフライキーボードの改良後にAppleは無償交換プログラムを行って欲しいところ。

その要望も行われている様で、もしかしたら近いうちにリコールが行われるかもしれません。



この記事の関連商品

 





おすすめ Apple関連本