Nikon が Nikkor Z 50mm f/1.2 S の他にも F値1.2のレンズを計画

Z 50mm 1.2

Nikonが今年2020年に発売予定としている Nikkor Z 50mm f/1.2 の他にも
F値 1.2のレンズを計画しているという話が出てきている様です。
ようやく、F値 1.8の単焦点シリーズも揃ってきて
これから面白くなっていきそうですね。

Nikon Z  レンズロードマップ

Nikon Z レンズラインナップ



Nikon Z レンズロードマップ

F値1.8 の次はF値 1.2

F値1.8シリーズの次はF値1.4ではなくてF値1.2のシリーズへ突入するのかもしれないと思っています。当初からのラインナップにもF値 1.4の表記はなく、Nikonは Zシリーズのレンズにおいて F値1.4のものを出すつもりはないんじゃないかと思っています。
Zマウントはレンズの為のマウントです。
今までできなかったレンズの開発。
ノクトをはじめNikonはそもそも F値1.8シリーズはとりあえずレンズの数を揃える目的とF値1.2ともなってくると値段もそれなりのものになるので F値1.8シリーズを先に揃えた。
と考えるのが妥当なんです。

Nikkor Z 35mm f/1.2 S

発表時期や焦点距離はまだわかりませんが
とりあえず、Nikkor Z 50mm f/1.2 が先なのは当然なので
Nikkor Z 50mm f/1.2がでれば次はとなると
やっぱり 35mmでしょうね。特許取得もしていましたしね。

Nikkor Z 36mm f/1.2

Nikkor Z 35mm f:1.2 S

  • 焦点距離 = 36.00
  • 絞り = 1.27
  • 半画角= 31.0
  • 像高い = 20.94
  • 全長 = 159.500
  • バックフォーカス = 21.673




この記事の関連商品