カメラ用語 ( 会話編 )

  • 2015年9月3日
  • 2017年7月27日
  • Camera

カメラ用語 ( 会話編 )

はじめに

カメラ雑誌等では載っていない、けどカメラが好きな者どうしが喋っている時に良く出てくる、カメラの用語をまとめてみました。

浅い

これは、被写界深度が浅いという事を表します。よく、f/1.2や f/1.4で撮る時などF値が小さい数字の時に使います。逆にF値が11とかは被写界深度が深い事になりますが、「深い」という表現はあまり使いません。

例): 「 F1.2で撮っているから、浅すぎてピントが全然あわない。 」

甘い

微妙にピントが合っていない時に使います。

例): 「 ピントが甘いね。 」

ガチピン

ピントが、完璧に合っている時に使います。ピントが合っている最上級表現。

例): 「 これはガチピンだね。 」

とんでる

白とびしている事を表しています。

例): 「 うわっ、とんでる・・・。 」「 思い切ってとばす。」

つぶれてる

黒つぶれしている事を表しています。

例): 「 うわっ、つぶれてる・・・。 」「 思い切ってつぶす。」

トーン

色の色調 (トーン ) [ 色の濃淡・明暗・強弱 ]の事を指します。

例): 「 もう少し、トーンを落とした方がいいんじゃない。 」

ざらつく

写真を見た時に、粒子状の写真になっている時に使います。ISO感度を高くして撮った時はざらつきやすくなります。

例): 「 ざらついてるから、三脚使ってISO落としてみた方がいいかも。 」

かぶる

色かぶりしている時に良く使います。

例): 「 少し緑がかぶり過ぎかな。 」

あがり

写真を現像した時に、良く現像できた時に使います。

例): 「 今回は、あがりがいいね。 」

さちる

飽和してしまっている時に使います。彩度を上げ過ぎた時、色が飽和してしまいそれ以上階調を記録できなくなる。

例): 「 緑がさちってるね。 」

抜け

被写体の背景を選ぶ際、見通し良い空間の事を指す。たまに、写りのいいレンズの事を言うこともあります。

例): 「 抜けがいい。 」「 抜けを入れる。 」「 抜けのいいレンズだね。 」

眠い

撮影した写真が、どこにピントが合っているかわからない、全体的にボケボケの写真の事を指す。

例): 「 眠い写真だね。 」

独特な飽きない、見れば見るほど色々な意味を与える写真の中のポイント。

例): 「 この写真は、どこかがあるね。 」

白を撮る

ホワイトバランスのプリセット目的や黒いものを撮る前に、カメラに白いも色や明るさを認識させる作業の事を指す。カメラに白いものを白と認識させたり、明るさを調整する際に使う事が多い。

例): 「撮る前に、ちょっと白を撮ってから撮ろう 。 」

暖色系・寒色系

ホワイトバランスのケルビンの高い低いを指します。青っぽい場合は寒色系。赤っぽい場合は暖色系。

例): 「水族館は寒色系で撮った方が綺麗な青が出るよ 。 」

置く

ピントを予め先に決めておいて、撮りたいものがそこに来るのを待ち、来たところでシャッターを切る場合など、先にピントを準備しておく事。

例): 「 ピントを置いて撮ってみたら。 」例): 「 置きピン。 」

据える

三脚の上に、カメラを乗せる時によく使います。

例): 「 カメラを三脚に据えて撮ろう。 」

あおる

広角レンズで、パースをつけてローアングルから狙う時に使います。

例): 「 もう少しあおって撮ってみた方がいいもかもね。 」

[ad#ra-1]

カリカリ

とても、シャープな写真の事を指します。

例): 「 カリカリな写りだね。 」

硬い・軟い

コントラストが高めの写真をよく硬いと表現し、低めの写真を軟い写真と表現します。

例): 「 硬い写真だね。 」

開放

レンズの1番小さいF値を指す。

例): 「 開放で撮ってみる。 」

テレ

ズームレンズの最望遠側の方の事を指します。

例): 「 テレ側で撮る。 」

 

[ad#ra-1]

この記事に関連した商品のご紹介


ノマドワークで生きる社長の
趣味と遊びのBLOG メディア。
事業の間に
IT や ガジェット等のtopic や tipsや
商品Pickup & Review 等
各種リーク情報・ウワサを配信しています。
仕事で使うiPhoneやMacBook Pro
カメラ関係の情報や
趣味のガジェットの
新情報やReviewが
メインになります。
是非 ご購読を御願い致します。

 

最新情報をチェックしよう!

Cameraの最新記事8件

>