iPhone 2019

2019年 iPhoneはかなり大きく変化し、5G対応やディスプレイ内蔵型TouchIDもあり得る

  • 2019年1月9日
  • 2020年5月13日
  • iPhone

2019年モデルのiPhoneにトリプルレンズカメラが搭載されるのは間違いないと考えていいかもしれませんが、その形状が話題になっている。

それが、レンズとLEDフラッシュを正方形に並べるというデザインのもの。にわかには信じがたいデザインで、HUAWEIのMate 20 proを模倣したかのようなレンダリング画像が出回っている。

iPhone 2019 カメラ  iPhone 2019 カメラ

iPhone 2019 カメラ    iPhone 2019 カメラ

Appleが絶対にしないデザイン。だけど、Ice universe@UniverseIceというリーク情報に関して信頼性の高い人物が現在は開発の初期段階で変更の可能性はあるとしながら  ” このレンダリング画像は本物 “とツイートしている。

単純にダサいからこれはさすがにないと思うが、大きな変化という点では間違っていない。Appleは2019年のiPhoneにかなりの変更をしてくるとされ、2020年頃の普及が期待されている5G通信にいち早くさせる為に2019年モデルに5Gを対応させ、Appleはディスプレイ越しでも動作・認識する事ができるセンサの開発を兼ねてから進めていて2019年内に完成するとみられており、ディスプレイ内臓のTouchIDも搭載してくるのではないかとの見方がある。
さらにこの技術が進めば FaceIDに必要なものが全てディスプレイ内に搭載する事ができノッチ自体がなくなる可能性があるとされています。2019年モデルのiPhoneのノッチに関しては無くならないとされ、小型に止まると言われています。

[kanren id=”13036″]

この記事の関連商品

 


ノマドワークで生きる社長の
趣味と遊びのBLOG メディア。
事業の間に
IT や ガジェット等のtopic や tipsや
商品Pickup & Review 等
各種リーク情報・ウワサを配信しています。
仕事で使うiPhoneやMacBook Pro
カメラ関係の情報や
趣味のガジェットの
新情報やReviewが
メインになります。
是非 ご購読を御願い致します。

 

 

iPhone 2019
最新情報をチェックしよう!
>