【永久保存版】NIKKORレンズ 表記の意味

Nikon

Nikon



image via http://www.nikon.co.jp/

NIKKOR レンズに表記されている文字の意味

主にニコンのあくまでデジタル一眼レフを扱う上でのニッコールレンズの表記について

カメラのレンズを見ると、アルファベットと数字で表記された横文字が書かれています。カメラを始めたばかりの人や知らない人は何が何だかわからないと思いますが、カメラ好きはもちろん、レンズを新しく買おうかと思っている方なんかには、なくてはならない、表記だったりします。だから、見る人が見ればここを見れば、レンズの性格がすべてわかります。どんな写真が撮れるかはもちろん。いいレンズか大したことない安物レンズかなど大体の値段までわかってしまいます。

例えば、 AF-S NIKKOR 800mm f/5.6 E FL ED VR Ⅱ を例とすると、いいレンズだなぁってすぐ分かります。ここで見る人が見れば、こんなレンズはそうそう持っている人はおろかそこらへんのお店に行っても見れないレンズです。でも、例としては分かりやすいのでこのレンズを中心にお話ししてみたいと思います。

ニコンは歴史が長く、様々な時代毎、進化の過程で表記が増えてはなくなり変わってきているので、全ては書けれませんので、現在のデジタル一眼レフを中心とした、レンズ表記書いています。なので、全てではありませんが、これから知っておいたら役に立つ表記のまとめですので、購入時など是非参考にしていただければと思います。



レンズ選択時の表記

AF-S

AFは、 ( Auto-Focus ) [ オートフォーカス ]の略。オートフォーカス対応のレンズ。

Sは、 ( Silent Wave Motor ) [ サイレント・ウェーブ・モーター ]の略。 超音波モーター内蔵レンズ。

=SWM:AFの駆動モーター。静粛性に優れ、速いピント合わせが可能。

 

Ai

マニュアルフォーカスレンズ。非CPUレンズ。

 

FX

FXフォーマット対応レンズ。フルサイズ ( 35mm版 )対応レンズ。DXフォーマットカメラにも装着し撮影することができます。

 

DX

DXフォーマット用レンズ。APS-Cサイズ用のレンズ。FXフォーマットカメラには対応していません。装着し撮影は可能ですが、ケラレてしまいます。

 

⚪︎⚪︎mm-⚪︎⚪︎mm

焦点距離を示しています。70-300mm の様に、数値が2つある場合は、最広角側 – 最望遠側 での焦点距離を示しています。マルチナンバーなんて呼び、所謂ズームレンズ。

50mm の様に、数字が1つの場合は、単焦点レンズ。ズーム機能はありません。



 

f/⚪︎⚪︎-⚪︎⚪︎

f値です。f/3.5-5.6 の様に数字が2つの場合は、最広角側 – 最望遠側でのf値を示しています。

f/1.8 の様に、数字が1つの場合は、そのレンズの開放f値を示しています。

 

f値とは、

参考:f値



G

Gタイプレンズ。絞りリングがなく、ボディ側から絞りを制御します。ボディ側から絞りを制御するので、早く強力に制御することが可能。また、絞りリングがない分、軽量かつコンパクト。

 

E

Eタイプレンズ。絞りリングはない。レンズに駆動機構付き絞り羽根ユニットを持ち、電気信号で絞りを制御します。駆動機構付き絞り羽根ユニットを持っているので、マウントから絞り羽根までの距離がある望遠レンズなどによく用いられて、高精度に絞りを制御できる。

 

D

Dタイプレンズ。絞りリングを持ち、距離情報伝達機能を持つレンズ。高精度な露出制御を実現する3D-RGBマルチパターン測光Ⅱ/Ⅲやi-TTL-BL調光などを可能にしている。



FL

(Fluorite Lens )の略。蛍石レンズを使用したレンズ。色収差を極限まで補正したレンズ。軽量。

 

PF

( Phase Fresnel  )の略。位相フレネルレンズ。ニコンが光の回析現象を利用して色収差を補正したレンズ。これにより、レンズの薄肉化や軽い素材を使用でき、軽量化される。

 

ED

( Extra-low Dispersion )の略。特殊低分散ガラスを使用したレンズ。色収差を効果的に低減したレンズ。

 

VR

( Vibration Reduction )の略。ニコン独自の手ブレ補正機能を搭載したレンズ。補正効果はシャッタースピードの 2.5段〜4.5段。ボディ内で補正するタイプと違い、ファインダー像のブレも分かりやすく補正してくれます。

 

Ⅱ

製品名で表される仕様が同じ従来モデルのレンズである場合、識別の為に表記されている。Ⅱだったら2世代目。

 



<N>

ナノクリスタルコートレンズ。このマークがあるだけで、かっこいい良いレンズ。

 

AS

( Aspherical  )の略。非球面レンズ。球面レンズで生じざるを得ない球面収差や歪曲収差。これを効果的に補正することができる。非球面レンズは1枚で球面レンズ数枚分の収差補正効果を持っているので、コンパクトかつ軽量化できる。

 

IF

( Internal Forcusing )の略。レンズを、前・中・後群に分割し、中間のレンズ群のみを動かしてピントを合わせる方式。AFの速度を高速化する事ができ、収差変動が少ない。



 

まとめ

なお、ニコンのページにもより詳しいアイコンの表記がございますので、より詳しく見たい方はこちらを見た方が詳しく載っています。



この記事に関連した商品のご紹介