macOS 10.14.4 で変わる事

  • 2019年1月29日
  • 2019年1月29日
  • macOS

1月22日に、「 macOS 10.14.3 」が公式リリースされましたが、3つ目の番号のアップデートという事で主に、バグフィックスと脆弱性のメンテナンスアップデートでありました。

「 macOS 10.14.3 」の公式リリースに続きアップルはデベロッパー向けに、「macOS 10.14.4 ベータ版 」を公開しています

Safariがダークモード対応

2018年9月にリリースされた、macOS Mojave で待望のダークモードが搭載されましたが、特定のアプリなどでは対応していないものもあり、Safariもメニューバーはダークモード対応になりましたが、Webページのコンテンツ自体は対応しませんでした。
が、今回のアップデートで、特定の対応したページのみ背景をダークモード自動で変換してくれる様になります。

macOS 10.14.4
image via : iDownloadBlog

Safariの自動入力がでTouch IDに対応

Touch ID搭載モデルであれば、Safariで、オートフィル ( ユーザー名やパスワード、クレカ情報、住所などの情報を毎回打ち込まなくても自動で入力してくれる機能 ) 利用時のパスワード入力がTouch IDによる解除で出来る様になります。

macOS 10.14.4
image via : iMore
macOS 10.14.4
image via : iMore

ノマドワークで生きる社長の
趣味と遊びのBLOG メディア。
事業の間に
IT や ガジェット等のtopic や tipsや
商品Pickup & Review 等
各種リーク情報・ウワサを配信しています。
仕事で使うiPhoneやMacBook Pro
カメラ関係の情報や
趣味のガジェットの
新情報やReviewが
メインになります。
是非 ご購読を御願い致します。

 

最新情報をチェックしよう!
>