F値

  • 2015年1月30日
  • 2017年7月27日
  • Camera

カメラの f値とは

はじめに

カメラやレンズ、写真の話をする上で、必ずと言っていいほど出てくる値に f値というものがあります。これは何かというお話です。カメラのページや写真の詳細欄などを見ていると必ずと言って良い程、出てくる値がf値。必ず出てくるということは、それだけ重要だということでもあります。

f値とは

簡単に言ってしまえば、レンズの明るさを表した値です。f値が小さい程明るいレンズということがわかります。なので、暗いところでは明るく綺麗に写り、明るいレンズということは、口径が大きいレンズになっていきます。なので、価格も高くなっていく傾向にあります。レンズを選ぶ際には、非常に重要なポイントでf値が低いレンズはいいレンズって事です。

ちなみに、現在の最小開放f値は見たことがある限りでf/1.2。いわゆるノクトニコール ( Nikon 単焦点レンズ AI 50 f/1.2S フルサイズ対応 ) 。f値が小さいレンズは明るいレンズと言いましたが、ここでもわかる様に、このf/1.2 レンズがノクトニッコールと呼ばれるのは、ノクト=夜。闇 という意味です。夜や闇の中でも撮れる明るいレンズということです。

さすがに、f/1.2だと写真を撮るのも少し大変な気がしますが、写真好きなら一度撮ってみたいレンズの1本ではないですかね。

ボケとの関係

f値はボケと非常に関係があり、簡単に言うとf値が小さいと良くボケます。これは、f値が小さいということは、絞りがよく開くということ。絞りが開くという事は、より光が通り明るい。そして、光の屈折が大きいからボケが大きいということになります。だから、f/1.4とf16という2つの写真があるとすれば、断然ボケるのはf/1,4ということになります。対照的に、f16はカリカリの写真という事です。

ボケの効いた写真を撮りたい場合、他にもボカすやり方はありますが、このf値の低いレンズを使う事が一番良く、手軽に良い写真を撮る1つの手段です。

写真で比較するf値

撮影機材

カメラ:Df

レンズ:AF-S 50mm f/1.8G

で撮ったf値別の写真の一例です。f値比較の例として参考の1つにしてみて下さい。

【f/1.8】

F値 フォーマット比較 (Df) F1.8

【f/2.8】

F値 フォーマット比較 (Df) F2.8

【f/5.6】

F値 フォーマット比較 (Df) F5.6

【f/8.0】

F値 フォーマット比較 (Df) F8.0

【f/11】

F値 フォーマット比較 (Df) F10.0

【f/16】

F値 フォーマット比較 (Df) F16.0

まとめ

一眼レフの魅力の一つがこのボケ味がいいというのもあります、f値は写真を撮る上で非常に重要なファクターの1つであるという事ですね。

この記事に関連した商品のご紹介


ノマドワークで生きる社長の
趣味と遊びのBLOG メディア。
事業の間に
IT や ガジェット等のtopic や tipsや
商品Pickup & Review 等
各種リーク情報・ウワサを配信しています。
仕事で使うiPhoneやMacBook Pro
カメラ関係の情報や
趣味のガジェットの
新情報やReviewが
メインになります。
是非 ご購読を御願い致します。

 

最新情報をチェックしよう!
>