HOYA マルチレンズフード

Kenko HOYA マルチレンズフード

はじめに

先日、購入した Ai-s Nikkor 50mm f1.4 ( 参考:Ai-s Nikkor 50mm f1.4 ) の為にレンズフードを購入しました。

今回購入したもの

 

Kenko レンズフード HOYA マルチレンズフード 汎用 52mm

 

今回、Ai-s Nikkor 50mm f1.4 用のレンズフードを探した時に、結局は、Kenko レンズフード HOYA マルチレンズフード 汎用 52mm と、純正の Nikon スプリングフード HS-12 の2つを購入しました。この世代のNikonのMFレンズは大体が52mm径です。そして、大体が現在のように、フードを取り付ける溝がありません。なので、スプリングフードと呼ばれるフードを基本的に着ける仕様になっています。なので、52mmのフードでもかなり選択肢が狭まり、悩みましたが上記2つに落ち着きました。

スペック

Kenko マルチレンズフード

HP:http://www.kenko-tokina.co.jp/imaging/eq/camera-lens/hood/4961607071540.html

kenko マルチ

image via http://www.kenko-tokina.co.jp/imaging/eq/camera-lens/hood/4961607071540.html

Photo

_DFA8594 _DFA8595 _DFA8597 _DFA8598 _DFA8600 _DFA8601

Ai-s Nikkor 50mm f/1.4 装着例

_DFA8639 _DFA8640 _DFA8641 _DFA8642 _DFA8638 _DFA8643

F3 + Ai-s Nikkor 50mm f/1.4 装着例

_DFA8656 _DFA8657

レビュー

今回買った理由でもあるのですが、Nikon F3 は現在のデジタル一眼でも良く入れられている Nikon独特の赤いラインが初めて入れられた機種です。カーデザイナーのジョルジェット・ジウジアーロというイタリア人がデザインしたとされています。斬新なデザインで、F3が長年売れたこともあってか現在も Nikonの一眼レフの多くに赤いラインのトレードマークが入れられています。

今回、F3のこの赤いラインとマルチフードのラインがほぼほぼ同じデザインで良く映えるかとなと思い購入しました。装着してみてドンピシャで良く似合います。canonを使っている方もLレンズに付けている方もたくさんいます。価格もお手頃で、もう一つの理由でもある、夜ガラス越しに夜景をとる時など、フードをくっつけて光の反射を遮る様にしてとる撮り方がありますが、ラバー素材だとこれがより撮り易くなるので良いかと思い購入しました。

ただ、個人的な問題なのですが Dfには似合わないので、 Dfで 50mm f/1.4を使用する時は、純正のメタルフードの HS-12を付け様かと思います。

この記事に関連した商品のご紹介


ノマドワークで生きる社長の
趣味と遊びのBLOG メディア。
事業の間に
IT や ガジェット等のtopic や tipsや
商品Pickup & Review 等
各種リーク情報・ウワサを配信しています。
仕事で使うiPhoneやMacBook Pro
カメラ関係の情報や
趣味のガジェットの
新情報やReviewが
メインになります。
是非 ご購読を御願い致します。

 

最新情報をチェックしよう!
>