Nik Collection

  • 2016年4月3日
  • 2020年5月16日
  • 写真

Nik Collection

はじめに

2016年3月30日。いきなりですが朗報が届きました。あの、Nik Collection がなんと無料で使えるようになりました。

Nik Collection free

およそ16,800円が無料へ

Googleが買収して150ドル ( 30日近辺のドル円で計算して、およそ16,800円 ) で販売されていた、Nik Collectionが2016年3月30日に無料でDL出来る様になりました。デジタル現像している方やプロの方も愛用している方は多く、現像はなかなかいい感じに仕上がるし、編集機能もシンプルかつ充実しており使えるソフトだけに、かなり喜ばしいニュースであります。プロアマ問わず、興味がある方はDLしてみる価値あり過ぎます。

Nik Collectionとは

もともと、ドイツのNikという、ソフト開発企業が販売していた写真編集ソフトでしたが、500ドルという結構高額な有償写真編集ソフトでした。その後、Googleが買収して150ドルで販売し、今回無料で販売に至りました。PhotoshopやLightroom、Apertureのプラグインとして使用可能で全7種類のプラグインが使用可能になります。凄くお得な事で写真編集ソフトやプリセットやプラグインを選ぶ過程で必ず悩むところでありましたが今回から無料で選択肢が増える事なので、大変喜ばしい限りです。

Adobe: Creative, marketing and document management solutions

アドビは、コンテンツおよびアプリの作成、配信、最適化を支援し、デジタルエクスペリエンスを通じて世界を変革します。…

Apple Support

このページでは、Aperture に関するアーカイブ済みのサポート関連情報へのリンクを紹介しています。Aperture …

全7種類のプラグイン

収録されているプラグインですが、下記の通りになります。

  • Analog Efex Pro:フィルムの様な写真や、昔ながらの味のある写真の雰囲気にするエフェクト。
  • Color Efex Pro:色補正に特化したフィルターエフェクトのセット。
  • Silver Efex Pro:これは、結構有名なソフトでモノクロに特化したエフェクト。
  • Viveza:簡易的に色や色調を調整できるエフェクト。
  • HDR Efex Pro:HDR写真を作成するエフェクト。
  • Sharpener:シャープな写真にする機能。
  • Dfine:カメラに合わせたノイズ低減を可能にする機能。

の全7種類が収録されており、これが全部無料で使える様になります。なかでも、Silver Efex Proはモノクロ写真編集としては、かなり有名で、個人的にHDR Efex Pro は他の写真編集ソフトのHDR機能と比べて使いやすく、あがった写真もなかなかいい感じで仕上がります。のでオススメです。

Review・まとめ

デジタル現像をする方、楽しんでいる方はもちろんPhotoshop・Lightroom、Apertureをお持ちの方は手に入れないのはないです。VSCOのプリセットが高くてちょっと尻込みしている方などにはとても良い、いち選択肢になるのではないかなと思います。

この記事に関連した商品のご紹介

最新情報をチェックしよう!

写真の最新記事8件

>