Nikon ローパスフィルター清掃

  • 2015年7月3日
  • 2020年5月16日
  • Camera

ニコン ローパスフィルター清掃

はじめに

先日、Dfの名入れサービスの取付以来 ( 参考:ニコンサービスセンターへ行ってきた。  ) 2回目のNikonサービスセンターへ行ってきました。

なぜ行ったかというと、何週間前に写真の整理をしている時に、写真に黒い点があることに気づき、「もしや」と思い他の写真も見てみると、同じところに同じ黒い点が写っており、テストしてみたところどうやらセンサーにゴミが付いているのだと思い、直接見たらやはりゴミが付いていました。なので、このゴミを取ってもらいに行ってきました。

症状

私は、あまりズームは使わず、単焦点を良く使うので結構レンズ交換を行います。それに、少し前は風が強い日があった様な記憶もあり、たぶんそこで入ったのだと思います。気をつけておいても入るんですよね。ズームレンズも、構造上隙間から微細な塵や埃は入るようで、この場合は微細なので目には見えなくても結構センサー上に付着しているとの事です。

下記に、今回の参考画像を載せてみてます。

清掃前

Nikon F3 (27)

清掃後

Nikon F3 (10)c

ローパスフィルター清掃

カメラ内機能のフィルタークリーニング機能

上記の様に、ゴミが付いてしまった場合最近のデジタルカメラの機能についてあるローパスフィルター清掃機能がありますが、これは正直あまり意味がありません。というのも、ワイパーの様にローパスフィルター面を掃除するのではなく、微細な振動を発生させてゴミを落とすような感じなので、取れないものは取れませんので、こうなると直接掃除するしかありません。

清掃

清掃は、Nikonなどはクリーニングキット ( Nikon ニコンクリーニングキットプロ ニコンクリ-ニングキツトプロ )を販売していたり、講習を行っていたりして素人でもやろうと思えば自分で清掃可能ですが、やはりここは相手がイメージセンサーなので、ここはプロに任せた方が何かあった時の事を考えると自信があってもやめといた方が無難ではないかと思います。

サービスセンター

Nikonのローパスフィルター清掃は、所要時間 20分程で、施工価格は 1,000円です。保証期間内であれば、無料で施工していただけます。

まとめ

やはりプロは、綺麗にしてくれます。

この記事に関連した商品のご紹介

 

番外編

前回も、待っている間にサービスセンターの中をぶらぶらしましたが、( 参考:ニコンサービスセンターへ行ってきた。  ) 今回も少しぶらぶらしてきました。前回から、新発売されたものもあまりなかったといのもありますが、目新しいものは無く、P900 くらいでした。あとは、大三元レンズとかD4sとかを取り敢えず眺めて、今回はFM2とかAi-s 50mm f/1.2などオールドマニュアルレンズを見てみました。個人的に最近は、こちらの方がいいので前回と同じものだけれども見方が違いました。

Photo

Nikon F3 (58) Nikon F3 (57) Nikon F3 (56) Nikon F3 (55) Nikon F3 (54) Nikon F3 (53) Nikon F3 (52) Nikon F3 (51) Nikon F3 (40) Nikon F3 (49) Nikon F3 (44) Nikon F3 (41) Nikon F3 (42) Nikon F3 (43) Nikon F3 (45) Nikon F3 (47) Nikon F3 (46)

この記事に関連した商品のご紹介


ノマドワークで生きる社長の
趣味と遊びのBLOG メディア。
事業の間に
IT や ガジェット等のtopic や tipsや
商品Pickup & Review 等
各種リーク情報・ウワサを配信しています。
仕事で使うiPhoneやMacBook Pro
カメラ関係の情報や
趣味のガジェットの
新情報やReviewが
メインになります。
是非 ご購読を御願い致します。

 

最新情報をチェックしよう!
>