ニコン z9

Nikon Z9 予想スペック

 随時更新中

Nikon Z9

株式会社ニコン(社長:馬立 稔和、東京都港区)は、「ニコン Z マウント」を採用した初のフラッグシップモデルとなる、フルサイズ(ニコンFXフォーマット)ミラーレスカメラ「ニコン Z 9」の開発を進めています。発売は、2021年内を目指しています。

ニコンの最先端技術を「Z 9」に結集させ、静止画・動画ともに過去最高の性能を発揮することを目指しています。幅広いジャンルで活躍するプロフェッショナルの極めて高いニーズに応えるべく、鋭意開発を行っています。
新開発のニコンFXフォーマット積層型CMOSセンサーと画像処理エンジンを搭載。また、次世代の映像表現を見据え、8K動画撮影をはじめとした、さまざまなニーズやワークフローに応える多彩な動画機能を有します。
「Z 9」は、道具としての使い心地を極め、これまでの一眼レフカメラ、ミラーレスカメラを超える新しい映像体験を提供します。

「 Nikon Z9 」が正式に画像付きで、高解像積層型CMOS搭載で年内に発売すると開発発表され
いよいよ、Zシリーズにもフラグシップ機が登場する予定ですが
現状で、「 Nikon Z9 」は、D6などのいままでのNikonにフラグシップ一眼レフのボディの様な
縦グリ一体型のデザインで、高解像積層型CMOS搭載と8K動画撮影、年内発売は確定しています。

そんな中、噂もちらほら出てきているので
この記事ではNikonの次期フラグシップフルサイズミラーレス機「 Nikon Z9 」についてまとめていきます。

Nikon Z9 予想スペック

  • 4600万画素センサー
  • 高解像積層型CMOSセンサー
  • 20コマ秒の連写
  • 8K 30p、4K 120pの動画撮影性能
  • 新型 EXPEEDプロセッサ
    おそらく、EXPEED 7
  • AF 精度向上(被写体認識AF)
  • デュアルスロット
    ( XQD・CFexpress B )
  • ISO 64-25600 Hi1・Hi2
  • 高解像 ( 約 945万ドット )
    且つブラックアウトフリーのEVF
  • 5.5段のボディ内手ぶれ補正
  • 2億4000万画素をキャプチャーできる
    新しいハイレゾリューションモード
  • 丸型のファインダー
  • 今までのフラグシップ一眼レフのような背面サブモニタはない
  • 新型バッテリー、EN-EL18d
  • 縦型グリップ一体型の筐体
  • ギガビットLAN・USB-C・Wi-Fi・GPS
  • 発売時期は、2021年の秋ごろ
    正式に年内の発売は発表
  • 65万8,452円〜76万8,194円

以前は、6100万画素といわれていましたが、高解像積層型CMOS搭載ということ
まだ正式に計画されていないとされていますが、高画素機は「 Nikon Z8 」になるとみられていて
「 Nikon Z9 」は、4600万画素程度になるんじゃないかと言われています。

また、「 Nikon Z9 」のプロトタイプは東京オリンピックで使用されるとされていて
「 NIKKOR Z 400mm F2.8 」も、オリンピックに向けて登場すると言われています。

Nikon Z9 の価格

Sonyの「 Sony α1 」が 現在約 80万円程度なので
価格はボディのみで、 約 70万円前後ではないかと思われます。

Nikon Z9 の発売日

発表日・発売日はもちろんまだ未定ですが
おそらく 2021年 9月前後になるのではないかと思います。

 

関連記事

 随時更新中 Nikon の初のフルサイズミラーレス Nikon Z7と、 Nikon Z6が登場して約1年半程度経過し昨年 2019年11月22日には下位機種としての位置付けになるDXフォーマットミラーレス「 Nikon […]

Nikon Z8

この記事の関連商品

Nikon D6
Sony α1
ニコン z9
最新情報をチェックしよう!

注目のうわさの最新記事8件

>