Apple M2

Apple M2。次期Appleシリコン

Appleは2021年の早くて春、遅くても秋にM1チップの後継とされる
「 Apple M2 」チップをリリースする
とみられていて、5nmプロセスだといわれています。
また同時に「 Apple M2 」チップを搭載した
13インチ (もしくは14インチ) MacBook Proの上位モデル。
16インチMacBook Pro。
iMac
がリリースされるといわれています。

関連記事

M1チップ搭載の13インチMacBook Airや、13インチMacBook Proの2ポートモデル、Mac miniがM1搭載初のMacとしてリリースされ、今後AppleはMacにAppleシリコンを搭載していく。Intel製のチップ[…]

M1チップ搭載 iMac

CPU

高性能コア16コア
高効率コア4コア
の 20コアのCPUになる。
仮に、20コア搭載となった場合、Intel 同コア数モデルよりも性能は凌駕すると考えて間違いないと思われます。

GPU

GPUは16コア

もしかすると、SoCやUMAのメリットは薄れますが自社設計のGPUをつくり、dGPU ( ディスクリートGPU )として独立して配置する可能性が高いとみられています。Appleが「 M1 」同様、なにかブレイクスルーする製品を考えてなかったらむしろ高性能Macを作ると考えた場合こちらの考え方が現実的。
GDDR6やHBM2の高速メモリをビデオメモリとして、ユニファイドメモリはこれまで通りCPUや他のユニットで使いといった形が考えられています。

メモリ

最大 32GB

拡張性の強化と相まって、おそらく現在の LPDDR4Xよりも速い、LPDDR5 SDRAMが搭載されるのではないかと考えられ、仮にLPDDR5 SDRAMだとすれば、50%高速の1枚で16GBまでいけるので2枚では32GBと32GBも実現的になってくる。

 

関連記事

Appleが「 M1 」チップを発表し、同時に「 M1 」チップ搭載の機種が発表されその中のひとつが「 MacBook Air late 2020 」残念ながら外観やハードウェアに大きな変化は進化はありませんでしたが[…]

M1チップ搭載 13インチ MacBook Air

関連記事

Appleが「 M1 」チップを発表し、同時に「 M1 」チップ搭載の機種が発表されその中のひとつが「 MacBook Pro late 2020 」M1チップ搭載 13インチ MacBook Air 同様に外観やハ[…]

M1チップ搭載 13インチ MacBook pro

関連記事

Appleが「 M1 」チップを発表し、同時に「 M1 」チップ搭載の機種が発表されその中のひとつで唯一のデスクトップPCが「 Mac mini 2020 」デスクトップ型のエントリー機種という位置付けでもありますが[…]

M1チップ搭載-Mac-mini

この記事の関連商品

Apple 13インチMacBook Air (M1)
Apple 13インチMacBook Pro (M1)
Apple M2
最新情報をチェックしよう!
>