Beats EP レビュー

【 Beats EP 】 を買ってみた。レビューと長期使用した感想。話題の格安ブランドヘッドフォン徹底解説

先日、ヘッドフォンを導入致しました。今回は買ってみたのは…
以前から、イヤフォンを Beats by Dr.dre にしてみて気に入っていたので、 Beatsで揃えてきたという事もあり
今回も Beatsのものを買ってみました。

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); iPhone7を購入した時から、ずっと思っていた事になりますが、ワイヤレスのイヤフォンを導入する事。今回は、自[…]

beatsX レビュー 音質

関連記事

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); Beats tour v2 購入はじめに先日、ついに購入。Beats by Dr.dre tour[…]



音もそうなんですが、今回はBeatsなのに。結構しっかりめのヘッドフォンなのに。かなりリーズナブルで1万円を切る価格帯のものでコストパフォーマンスがとても良いものでした。

私自身イヤフォン派で、今までもあまりヘッドフィンは使ってこなかったし、外でヘッドホンしているヤツってなんとなく好きではなかったので、まさかヘッドフォンを買おうと思うとは思いませんでしたが、お気に入りの音楽と映画を見る機会が多い時期があって、映画なんかは結構爆音で聴きたいのでイヤフォンをすることが多いく、そうこうしてたら耳が少し痛くなったというか少し違和感が出てきて…もしかしてイヤフォンの付け過ぎが原因かなと思う節があって、なので、今回耳を労わる為にヘッドフォンを探していました。山ほどメーカーや種類があって悩みましたが、最終的によく音楽関係者や今話題のYoutuberがよく使っている MDR-CD900ST と悩んで、ここは今までの経験と体験と、どうせならbeatsで揃えたいというのもあってこの「Beats EP」にしてみました。

Beats by Dr.dre「Beats EP」とは

 

BeatsEP レビュー
BeatsEP

Beats By Dre

Beats EPオンイヤーヘッドフォンをBeatsByDre.comでお求めいただけます。持ち運びに便利なBeats E…

 



Beats EPとは、Beats by Dr.dreから2016年9月16日より発売された、オンイヤー型のヘッドフォン。多くのメディアで取り沙汰されている様にプレスリリースも出されず、BeatsX や、Beats Solo3 wireless に隠れてひっそり発売されていて知らない人も多いヘッドフォンでありますが、Beats の他製品に比べて価格帯が低く、作りや音も良く今話題になっているモデルになります。

カラバリは ブラック・ホワイト・ブルー・レッド の4色。

ステンレススチール製で軽くて頑丈な作りでスライダーでの調整が可能。イヤーパッドも柔らかく程よい圧力感の合成皮革が使っている。

Remote Talk ケーブルが付属し特に Appleユーザーは使い勝手良い。マイク付属で通話、また音楽や音量のコントロールが出来るコントローラーに、ノイズアイソレーション機能が付く。

主流のワイヤレスではなく、3.5mmステレオプラグ接続となっている。

良かったところ

見た目

シンプルで素直にかっこいい。質感も良く、Beats のロゴもたくさんあしらわれており所有感がある

価格

製品の質・ブランド性・音・性能 を考えても考えなくても Beats が1万円以内で手に入るのはやはり良かった。

良くなかったところ

折り畳めない

折り畳めないので置き場所を考えてしまう。持ち運びには適さない。家用。

音漏れ

ヘッドフォンの性質上仕方ないが、大きい音だと結構漏れる。

 

BeatsEP
パッケージ ( 表 )

Beats製品も 毎回、Appleのパッケージと同じようなシンプルなデザインになっています。

BeatsEP
パッケージ ( 裏 )
BeatsEP
パッケージ ( 側面 )
BeatsEP
パッケージ ( 側面 )
BeatsEP
内側パッケージ
BeatsEP
「 CHANGE THE WAY YOU HEAR SOUND 」

「 CHANGE THE WAY YOU HEAR SOUND 」!!「 あなたは音を聞く方法を変えるだろう」!!

BeatsEP
専用のキャリングポーチ。

Beats EP は折りたたむ事ができないので持ち運びは不便です。外出の際などは荷物になるので向かないでしょうね。割り切って家で使うだけがちょうどいい感じです。

BeatsEP
BeatsEP 全体像
BeatsEP
ヘッド部の頂上の「 beats 」ロゴ

ヘッド頂上部にもロゴがあしらわれており、側面の「 b 」のロゴと相まってかっこいい雰囲気と所有感を感じれるところになります。

BeatsEP
スライダー付属。イヤーパッドは柔らかめの合成皮革

スライダーで調節ができ他のヘッドフォンと比べてもフィット感はいい、装着圧も強すぎずイヤーパッドと相まって全体的に優しく痛くない。ここらへんはとても良く考えられていると思う。また、イヤーパッドも柔らかく耳あて全体が動くのでこれもまたフィット感向上に寄与している点だと思う。

BeatsEP
ステンレススチール製のフレーム。デザインはシンプル。

フレームはステンレススチール製でかなり軽い。安さからくるチープな軽さではない。寝て使ってたりするが問題ないし不安じゃないので頑丈だと思う。ケーブルは平らなケーブルで絡みにくく、Remote Talk ケーブルも Apple製品との相性はいいし、他の端末でも問題はないと思う。

BeatsEP
付属品
BeatsEP
説明書?等
BeatsEP
説明書?等
BeatsEP 同梱物
BeatsEP 同梱物

BeatsEP
BeatsEP



 

総じて、品質から見ればコスパが非常に高く作りも問題ない。Beatsという名前を付けるからには下手ものは売れないだろうし、そういった意味では凄く商品かもしない。主流のワイヤレスではないが充電を気にしなくていいので家使いではいい。

音は素人なので偉そうなことは書けないが素人感覚で、中の上。「Beats X」と比べてみたんだけど、Beats X の方が音は良かった。音に関しては人それぞれ感じ方や求めるものが違うので、思うのは、音は良くわからないけど確実に普通よりは良い音で使いやすくて耳が痛くなったりしないものを探していて…とか、Beatsがいいなぁと思っていて…。っていうのであれば この BeatsEPがいいと思った。それと家と外で使い分ける為に買うとかがいい。私も無線は「Beats X」で、有線は「Beats EP」で使い分けし、ワイヤレスはすっごい便利だけどやっぱり「Beats X」で思ったのですが、イヤフォンとか類って最悪充電忘れてもどうにかなるのでどうしても後まわし後まわしで結局忘れてた…みたいなのが多くて、充電が意外とめんど臭かったのでっていうのもあって家で使う時は有線が良かった。

そして、このヘッドフォンの最大の魅力が価格。世界中で愛される Beats by Dr.dreというブランドであり音も中の上。質感も見た目も良くてこの価格は凄いと思った。なかなか他メーカーではないし、あまり安いとやっぱり音も悪いし、他メーカーで同等のものを探すとこの価格ではなかなか無いのではないかなぁと思いました。

評価

デザイン
デザインは、シンプルかつBeatsらしいデザインでかっこいい。Beatsを所有しているという所有感もいい
5.0
音質
高音は普通、割れたりはない。低音は良いかなり鳴ります。
4.0
遮音性
遮音性は意外と十分
4.0
音漏れ
やはり音量がでかいと漏れる。
3.0
携帯性
折りたためないので携帯するのは厳しい
0.0
価格
最高
5.0
総合
折りたたみ機能と高音のクリアさがあれば満点だった感じ。
ただ、Beatsの所有感やBeatsサウンドがこの価格で手に入れることができるのは魅力的だと思う。
4.5

ノマドワークで生きる社長の
趣味と遊びのBLOG メディア。
事業の間に
IT や ガジェット等のtopic や tipsや
商品Pickup & Review 等
各種リーク情報・ウワサを配信しています。
仕事で使うiPhoneやMacBook Pro
カメラ関係の情報や
趣味のガジェットの
新情報やReviewが
メインになります。
是非 ご購読を御願い致します。

 

Beats EP レビュー
最新情報をチェックしよう!
>