新型 iPad Pro 発表

iPad Pro 2020

3月18日、新型MacBook Air ( MacBook Air Early 2020 ) と同時に
新しい iPad Pro ( 第4世代 ) が発表になりましたね。
カメラは2眼。だけどLiDARスキャナが搭載され、AR ( 拡張現実 ) が高精度に活用できる様になります。また、以前噂は何度かありましたが、なんとトラックパッドを搭載したバックライト付きMagic Keyboardも同時に発表されました。これがもう …もはや、パソコンですよね。っていうか完全にsurfaceを喰いに行っている気がする。


スペック

CPUは、A12Z Bionicチップ

A12Z Bionicチップは、8コアグラフィックプロセッサ + Neural Engineの組み合わせ。AppleいわくほとんどのノートPCよりも高速なんだそうです。
また最大10時間使用可能な上、Wi-Fi接続の高速化、LTEも60%高速化したギガビット級LTEに対応しています。

メモリは 6GB

メモリは 6GBだそうです。
ちなみに、前モデルの第3世代は、1TBのみ6GBで、そのほかは4GB。

カメラとLiDARスキャナ

iPad Pro 2020

カメラは2眼

カメラは残念ながら噂されていた iPhone11 Pro のような3眼ではなく、2眼でした。
1,000万画素の超広角レンズと1,200万画素の広角レンズ。超広角が使える様になったことは良いことの一つだと思います。

LiDARスキャナ

3眼ではない代わりにではないと思いますが、新たにLiDARスキャナというものが装備されています。
LiDARスキャナとは

LiDAR(Light Detection and Ranging:光検出と測距)は、光が対象物に到達してから反射して戻るまでの時間を測定して距離を割り出します。NASAが次の火星着陸ミッションで使用する先進的な技術です。そのLiDARを、薄くて軽いiPad Proの中に収めました。

専用に設計されたLiDARスキャナは、ダイレクト・タイムオブフライトという方式を利用して、屋内外で最大5メートル先から反射した光を測定。光子レベルで機能し、ナノ秒のスピードで動作し、拡張現実とその先の可能性を大きく広げます。

Apple

iPad Pro 2020
iPad Pro 2020
iPad Pro 2020
iPad Pro 2020

なんだそうです。
つまり、AR ( 拡張現実 )が強化されたということ。ARアプリがよりリアルにまるで現実の世界の様に感じる事ができ臨場感が増したというイメージで良いと思います。

大きくは、この2つのスペックアップ。

スペックシート

iPad Pro 第4世代 ( 2020 )と iPad Pro 第3世代 ( 2018 ) 比較

iPad Pro 比較

価格

11インチ(Wi-Fiモデル)

128GB:84,800円
256GB:95,800円
512GB:117,800円
1TB:139,800円

12.9インチ(Wi-Fiモデル)

128GB:104,800円
256GB:115,800円
512GB:137,800円
1TB:159,800円

11インチ(Wi-Fi + Cellularモデル)

128GB:101,800円
256GB:112,800円
512GB:134,800円
1TB:156,800円

12.9インチ(Wi-Fi + Cellularモデル)

128GB:121,800円
256GB:132,800円
512GB:154,800円
1TB:176,800円

 



そして、もう一つ今回は新型 iPad Pro用のアクセサリとしてトラックパッド付きのMagickeyboardも登場。

iPad Pro 2020

マグネットで脱着し画面の角度も調整可能。

iPad Pro 2020

もちろん、iPad Pro のカバーとしての役割も果たす事ができる。

iPad Pro 2020

バッテリーは USB-C端子から充電するんだそうです。
パススルー充電も可能でそのまま iPad Proを充電することも可能。

iPad Pro 2020_3

発売は5月
価格が
11インチ iPadPro用が 3万1,800円。
12.9インチ iPadPro用が 3万7,800円。

ただ見てもらった様に、結構高いし、タッチ操作する iPadに必要なのかと言われると絶対必要かというとそうでもない物なので意見が分かれそうですよね。ただ、単純にMacBook のようなキーボードというわけではなく iPad Proのために作られたキーボードという事で、トラックパッド操作時、カーソルが必要な時だけ現れたり、することに合わせて賢く変化したり、テキストの選択も編集も簡単に行えるそう。
Magic Keyboardは、2018年に発売されたiPad Pro(第3世代)にも対応します。

iPad Pro 2020

なので
ここは使ってみないとわからないですが
Appleはこういった類のものはかなり良いので
もしかしたらとてつもなく便利なものなのかもしれません。


source:Apple





通信キャリアを考える

通信キャリア契約なら断然!!
公式サイトが安心・お得!!!

この記事の関連商品