次期MacBook系にタッチスクリーンの噂あり

MacBook Pro 2020

特許申請からAppleがMacBook系のタッチスクリーン化を検討していることがわかり
新型のMacBook Proの新機能の一つとして考えられている。
もしかすると、 2020年モデルのMacBook Proにも搭載されてくるかもしれません。

Appleは米国特許商標庁に申請し 1月16日(木)に公開した特許のなかで、ラップトップをタッチスクリーン化する旨が記載され、「ラップトップのディスプレイはタッチ感応式のディスプレイ」になり「ユーザーがディスプレイ上でさまざまな入力を指で行うこともある」と記載されている。

またMacBook系とiPhoneやiPadで片方のデバイスを操作することで、もう一方のデバイスをも操作できる「クロスデバイス・インタラクション」と呼ばれるインタラクティブな機能についても記載があり、「ユーザーはいくつかのデバイスを互いに作用させ、保存されているコンテンツにアクセスすることもでき、またそれぞれのデバイスから情報を得ることも可能」とも記されています。
…これすごいよね。

ジョブズ含めAppleのクレイグ・フェデリギは以前からタッチスクリーン化に否定的だったが、今後タッチスクリーン化にシフトするのかもしれません。





MacBook Pro 2020MacBook Pro フルモデルチェンジは 2020年。

この記事の関連商品