Film Camera

  • 2015年6月27日
  • 2020年5月16日
  • Camera

フィルム カメラ

はじめに

現在カメラといえば、ほとんどの人がデジタルカメラの事を指し、ほとんどの人が持っているカメラはデジタルだと思います。今の時代当たり前のごとき事ですが、もちろん昔は違い、所謂フィルムカメラでした。その古き良き昔のフィルムカメラの’味’。今の様に、撮ってすぐ撮った写真を見れるなんて出来ないワクワク感と、オートフォーカスすらなかった時代のカメラで撮る一枚の写真の重みみたいな事を知りたくてフィルムカメラを買いました。

古き良き時代

現在は、カメラに限らずなんでもそうですがデジタル化が進み、なんでも便利になってきて凄くいい時代です。これから、30年後とかにはまた今では考えもしない様な事とか、映画で観る様な、近未来的な事とかが当たり前にある時代になるのでしょうが、その中でもいいものは良いし、また懐かしい気持ちや職人気質なものなど、便利で良いものはいいけど面白くなかったりあります。

カメラも、デジタル化されて綺麗で便利になり凄く良くなりました。だけど、やっぱりすぐ見れてダメだと思えば消せば良いし、玉打てば当たるとたくさん撮って良い写真を撮るという考えがあると、なかなかカメラの設定や感覚なんかが覚えず、オートフォーカスやデジタル化のありがたさを感じないから中途半端な写真を量産してしまう事が多々あります。そして、フィルムカメラで撮った写真とデジタルカメラで撮った写真を現像して見てみると、なぜかフィルムカメラで撮った写真の方が面白い写真が撮れる。だから、高画素化や連写性能とか最近は全然興味がなくなってきました。写真は奥が深いですが、やはり数字ではなく感覚的なものが大きい様に思います。

そして、Dfを買ったのが大きかったと思いますが。昔のカメラや昔のレンズに目が行き、昔の所謂、銘機や銘玉。そして、カメラの歴史などを見ていくと凄く楽しく勉強になります。これもまた、写真の上達にも繋がってくるのではないかと思います。

[ad#ya-1]

今のカメラより昔のカメラの方が凄くいい

それに、極端な話ですが昔のカメラの方が良いカメラばかりです。現在のカメラを悪いとは言いませんが、個性がなくどれも同じに見えてくるんです。形なんかも昔のカメラの方がかっこいいし、カメラを操作しているって感じがします。現在は、形はどれも似たようなものばかりで操作感もカメラに操作されている感じで、写真を撮らされている感じがしてきます。

だから、一度昔のフィルムカメラを触ってみる事で何かわかる事があると思い先日フィルムカメラを買いました。

Dfの功績

なので、私にとってDfの存在は大きかったです。だから、本当に買って良かったなとも思います。

デジタル化の流れの中で、動画機能を排除し、昔のマニュアルレンズが使えて、メカニカルダイヤルを採用し機械的な直感を大事にした事など、ほんとに Digital とうまく fusion しているなと今になってしみじみとDfの功績を感じています。

フィルムカメラの良さ

前途した様に、現在カメラはデジタルの時代。だから、私もそうですがフィルムを知らない世代・触った事がない世代が最近ではフィルムカメラを逆に新しいカメラとして使ったりして流行っています。フィルムカメラなんて、インスタントですが「写ルンです」くらいしかまともに触った事ないから、フィルムを充填する事ですら新鮮だから楽しい。そして、なにより現在のデジタルカメラでは体験できない事が沢山あるから凄く面白く、また勉強にもなってます。フィルムを充填する事。巻き上げる動作。巻き戻す動作。電池がなくなっても写真が撮れる。設定を更に凄く考える様になった事。写真が更に面白くなる。デジタルカメラの便利さ、有り難味を改めて思い知らさせられる。など思い改める事を含めいろんな事を知る事ができる。ほんとに面白い。それにまた、ローライフレックスやハッセル。PENTAXなどの中盤や、ライカMの代名詞でもあるレンジファインダーもある。からカメラはやめられません。

学生時代に、写真部があったら絶対入りたかったと今すごく思います。

私が買った初めてのフィルムカメラ

私が買った人生初めてのフィルムカメラ

この記事に関連した商品のご紹介


ノマドワークで生きる社長の
趣味と遊びのBLOG メディア。
事業の間に
IT や ガジェット等のtopic や tipsや
商品Pickup & Review 等
各種リーク情報・ウワサを配信しています。
仕事で使うiPhoneやMacBook Pro
カメラ関係の情報や
趣味のガジェットの
新情報やReviewが
メインになります。
是非 ご購読を御願い致します。

 

 

最新情報をチェックしよう!
>