Nikon Z9

Nikon Z9 買ってみた。

随時更新中

Nikon Z9

「 発売日に手に入れられない。」
「 2022年の10月まで待つ可能性がある。」
なんて、言われている Nikon Z9 。
私も予約日すぐ注文しましたが発売日の12月24日の2日前になっても
連絡がなく諦めかけておりましたが
発売日当日に届きました。
で、触りまくってて
今からReviewをちょこちょこ書いていきます。

Nikon Z9

細かいスペック云々は皆様ご承知だと思いますので
個人的に感じた現時点での
特に良いところ。悪いなと感じたところを
ざっと並べていきます。

Nikon Z9 の良いところ

  • まずカッコいい。
    まずはやっぱり存在感が半端ないし
    The プロ機の佇まいは圧巻。
  • 動作が早い。
    電源ONから、メニュー操作など
    動作が以前のNikonから比べると断然に早い。
  • カスタム性が高い
    Fnボタンも4つありカスタマイズ性能が高い。
    個人的には、「 AFエリアモード+AF ON 」など
    痒い所に手が届く用になっていて、こういった所にも
    細かい気遣いが施されていてよく考えられて作られていることが
    よくわかる。
    「 AFエリアモード+AF ON 」をレンズFnなど色々なFnボタンに
    設定できる様になると更に使い勝手の良い機種になる。
  • ファインダーが見やすい。
    Real-Live Viewfinderでブラックアウトしないのもあるんですが
    大袈裟ではなくEVFでは一番OVFに近いものだと感じることができるほど
    違和感もなくて綺麗です。
    個人的には、表示を小さくできるのが便利でいい点だと感じています。
    Z9をのぞいて、Z7などのファインダーを見ると見にくさを感じるくらい。
  • 操作性の良さ
    ボタン配置が考え抜かれていて異常に使い易い。
    これだけで他のカメラには戻れない感があり
    カスタム性も高いのですごく便利。
    メニュー操作や、フォーカスポイントの移動
    電源ONからの立ち上がりなど道具として
    ここらへんが流石と感じることができる。
  • 肩液晶が消えない。
    Z9の肩液晶って現状電源を切っても撮影可能枚数が表示され続けます。
    最初、違和感がありましたがよくよく使ってみると有難い機能に感じてきます。

 

Nikon Z9 の残念なところ

  • やっぱり重い。
    堅牢性や防塵防滴性能
    ホールド感は問題ないし存在感抜群なんですが
    ちょっとやっぱ重い。デカいんじゃなくて重いのが不便。
  • ISO感度
    オールラウンダー的に全てを最高に求めた結果
    ISO感度が割をくった感じがあって
    やはり、上が常用25600からもわかる様にISOの上が弱い印象。
  • シャッター音が好みじゃない。
    個人的にシャッター音が好きじゃない。
    ファームで改善できるなら音の感じを選択できるように
    くらいしてくれるといい。
  • 動画撮影中の静止画撮影が出来ない。
    動画撮影中に今まではシャッターボタンを押すことで
    静止画撮影が出来て意外と重宝していたのでやや残念感があった。
    H.265 8bitでだったら iボタンで切り抜きはできるものの
    これもファームで改善してくれるといいと感じた。
  • AFが迷う、外す。
    AFは確かに速くはなっているし速いし正確。
    3DトラッキングやオートエリアAFはマジで使える機能となった印象です。
    低輝度でも結構しっかり合います。
    ただ、前ボケや物撮り等、どっちに合わせるか際どい状況では
    迷ったり外し易い。しょうがない所と言われればそうなんですが
    他社と比べると若干気になる所だとも言えそう。
    完全に信用し全任せは心許無い感じ。

評価

【 表現力 】 5.0
【 操作性 】 5.0
【 携帯性 】 5.0
【 機能性 】 5.0
【 総合評価 】 5.0

公式商品ページ

ニコンのFXフォーマットミラーレスカメラ「Z 9」の製品ページ。UNSTOPPABLEカメラ、レンズ、アクセサリーなどの…

参考:Nikon
画像引用:Nikon

この記事の関連商品

Nikon Li-ion EN-EL18d
Nikon FTZⅡ
Nikon Z9
最新情報をチェックしよう!
>