Apple Watch Series 6

Apple Watch Series 6 登場

Apple Watch Series 6

待望のApple Watch Series 6が発表され、9月18日から発売が決まりました。
Apple Watch Series 6は新色の「 グラファイト 」や「 ブルー 」・「 ( PRODUCT ) RED 」が
追加になり5つのカラバリ、素材の違いを含め計10種類のApple Watchから選ぶ事ができる。
また、今回から以前記事でも書いていましたが噂のあった「 Apple Watch SE 」も発表され
ナイキモデル、HERMESモデル、エディションモデルを合わせると選択肢は
かなり多くなりました。

Apple Watch Series 6

見た目の変更はほとんどなく
若干厚みが薄くなって、0.34mm薄くなって
ケース裏面のセンサー部が変更になっていますが
見た目はほぼApple Watch Series 5と同じ。
バンドに関しては
新型の留め具のない
「 ソロループ 」と「 ブレイデットソロループ 」が新たに追加になっています。

Apple(日本)

Apple Watch Series 6は、体に取り込まれた酸素のレベルをチェックできる新しいセンサーとアプリ、そして進…

  • S6チップへ進化し
    20%速度向上
  • U1チップと超高域アンテナ搭載
    短距離無線通信での位置情報取得が可能
  • 2.4GHz帯と5GHz帯のデュアルバンド対応
  • バッテリー性能
    駆動時間は18時間と変わらず、充電時間が2時間半から1時間半
  • 常時表示ディスプレイの明るさが
    MAX 25%アップ
  • 高度計
  • 血中酸素ウェルネス

また、小さいことだがApple Watch Series 6は
常時表示中でもタッチ操作やスワイプが行える様になり
コンプリケーションの操作や
通知センターやコントロールセンターの操作が可能になっていて
使い勝手が良くなっています。
Apple Watch Series 5ではタッチするか腕を上げるかして
スリープを解除してからでないと行えなかったので
このワンクッションがなくなったことは小さいけど大きい改善。

Apple Watch SE

Apple(日本)

Apple Watch SEは、大きなRetinaディスプレイ、フィットネスのためのセンサー、そして健康と安全を守るパワ…

  • S5チップ
  • デザインはApple Watch Series 6で
    センサー部分はApple Watch Series 5
  • ディスプレイもApple Watch Series 4以降の
    ベゼルレスデザイン。

Apple Watch Series 6と比べて
ディスプレイの常時表示、血中酸素ウェルネス、ECG機能の
3つの機能が使えない。

ちなみに、Apple Watch Series 3と比べると
緊急通知機能や転倒検出機能
ファミリー共有設定やコンパス、高度計がSeries 3は使うことはできません。
また、Apple Watch Series 3はベゼルレスデザインになる前の角ばったディスプレイデザイン。
42mmと38mmのモデル。GPSセルラーモデルもないので
約1万円の差額であればApple Watch SEの方がいい。

source:Apple

この記事の関連商品

Apple Watch Series 6(GPS + Cellularモデル) 44mmグラファイトステンレススチールケースとブラックスポーツバンド
Apple Watch SE(GPS + Cellularモデル)- 44mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンド
Apple Watch Series 6
最新情報をチェックしよう!
>