iPhoneSE2

iPhoneSE2 ( iPhoneSE 2018 ) は存在しない。

  • 2018年5月19日
  • 2018年6月11日
  • iPhone

iPhoneSE2 ( iPhoneSE 2018 ) はそもそも存在するのか?

iPhoneSE2 ( iPhoneSE 2018 ) に関して、いろんな記事を書いてきましたが、様々な噂を含めて情報が出てくる毎に、逆にiPhoneSE2 ( iPhoneSE 2018 ) は存在するのか?そもそも出るのか?と考えることが多くなりました。

iPhoneSE2 ( iPhoneSE 2018 ) に関しての噂やリーク情報はユーラシア経済連合(EEC)に提出された資料から始まり、ここ最近のいろんな情報やそれに基づくレンダリング画像に関してどれをとっても核心をつくものがなく、兼ねてから 今年の秋に発売される次期iPhoneの、iPhone 2018 ( iPhone Ⅺ(11)、iPhoneX2、iPhone 2018 )と同時に出るとされる iPhoneX Plus、LCDモデルの廉価版iPhone。今年の秋には3種類のiPhoneが出るとされていますが、iPhoneSE2 ( iPhoneSE 2018 ) が発売されるのであれば、1年間に4機種発売されることになります。今までiPhoneは1年間に発売されたのは最大で3機種だし、これからも同じ端末で種類が4機種ってなるのはラインナップが増えて選択肢が増えるのは確かだけどわかりにくくなるし考えにくい。iPhoneの販売が低迷していてAppleも競合他社との兼ね合いもあるだろうが、4機種はないだろう。

そこで今記事では、iPhoneSE2 ( iPhoneSE 2018 ) においていろんな噂が未だに出回ってきていますが販売されないという考え方も一つあるのではないかという記事になります。

iPhoneの変遷

初代iPhoneからiPhoneXまでの10年間の年表

2007年iPhone
2008年iPhone3
2009年iPhone3GS
2010年iPhone4
2011年iPhone4S
2012年iPhone5
2013年iPhone5s、iPhone5c
2014年iPhone6、iPhone6 Plus
2015年iPhone6s、iPhone6s Plus
2016年iPhone7、iPhone7 Plus、iPhoneSE
2017年iPhoneX、iPhone8、iPhone8 Plus
2018年iPhoneX 11、iPhoneX Plus、iPhone ??

 

と、上記の表からも1年間に販売された機種は最大でも3機種。これ以上増える事はラインナップの複雑化に製造面においても考えにくいはず。

iPhoneSE2  ( iPhoneSE 2018 ) は存在しない。

 

そして、iPhoneSE2 ( iPhoneSE 2018 ) に関してですが、iPhoneSE が発売されたのは2016年。初めて3機種発売された年に「Special Edition」として発売された。

iPhoneSE2
https://kostrivia.com/1562.html

iPhoneSEは、iPhone5/5s/5c から、他メーカーなどの大型化の波に乗らざるを得ない形でか iPhone6に進化した時に筐体が大型化され、さらに大きい Plusというモデルも加わり以前の様な手に馴染む小さなものがほしいといった声に少なからず反応した形でiPhoneSEをラインナップに加えた。特にAppleはマーケットのシェアが大きい日本の事を考慮していると思われ、同年に販売されたiPhone7/7 Plus においてはNFCにも対応した。

そして、1年間に3機種発売という流れは2017年も続き、iPhoneX、iPhone8/8 Plus が販売された。iPhoneXにおいては、10周年の記念的モデル的な意味合いが大きいですが、流れとしては今は2機種ではなく3機種発売する流れではあり、今年も3機種の流れが大きいと考えられる。

iPhoneSE2
https://kostrivia.com/1562.html

iPhoneSE2 ( iPhoneSE 2018 ) の噂において、ホームボタンの有無が大きい様に感じるが、どっち道ホームボタンは無くなり、今後のiPhoneはホームボタンレスモデルへと移行すると思う。これに並行してホームボタンレスモデルとホームボタンモデルと2機種発売されるかもと予想できるがこれもラインナップの複雑化や製造の問題で考えづらい。

先日、その3機種の1つとされるLCD廉価版モデルが以前のiPhone5cの様なカラーリングで登場してくるのではないかという情報が出回っていた。OLEDモデルの2機種と差別化を図る目的や、価格高騰などで近年低迷しているiPhoneの販売においてピンクなどのカラーを追加してシェアを拡大したい考えがあるからだと言われていた。また、この廉価版のLCDモデルは iPhone8sとも言われており、強ち一番ありえる話かもしれない。

 

いろいろ考え方はあるがもしかすると色々と噂された iPhoneSE2 ( iPhoneSE 2018 ) という所謂 iPhoneSE の後継機種というものは販売されない。そもそも存在しない。iPhoneSEは、あくまで 2016年度にリリースされた「Special Edition」である。言い方を変えれば、今いろいろ噂や出ている iPhoneSE2 ( iPhoneSE 2018 ) は、SEという名前ではなくiPhone8sという名前で販売されるのではないか。LCD廉価版モデルは iPhone8s という形でリリースされるのではないかと思う。

やはり、1年間で4機種は考えにくく、iPhoneSEというラインナップが継承されているわけでもない。LCD廉価版モデルは iPhone8s として考えれば正当なラインナップだし順当な進化でナンバリングも順当である。

それに、時代の進化と共にAppleはいらないものはズバズバ切っていくからホームボタンはなくなり、LCD廉価版モデルは現時点で 6.1inch されているので、もしかするAppleは4inchモデルは考えていなくて、今後 4inchはなくなるのかもしれない。

という、 iPhoneSE2 ( iPhoneSE 2018 ) に関しては予想しづらい点が多く、近く予定されている WWDC 2018でも発表とは考えにくいということもあって出るか出ないかもわかりません。また、当初の5月から6月の間に発売という噂に関しても今の時期にこの状況を考えるとあったとしても本当にiPhoneSEのまま中身がiPhone7になったもの。それも今後のことを考えると考えにくく、未だにそれらしい情報も乏しいので、出ないという考え方もあるのかな。

 

この記事の関連商品


ノマドワークで生きる社長の
趣味と遊びのBLOG メディア。
事業の間に
IT や ガジェット等のtopic や tipsや
商品Pickup & Review 等
各種リーク情報・ウワサを配信しています。
仕事で使うiPhoneやMacBook Pro
カメラ関係の情報や
趣味のガジェットの
新情報やReviewが
メインになります。
是非 ご購読を御願い致します。

 

iPhoneSE2
最新情報をチェックしよう!
>