OS X Yosemite リリースに向けて (Part.2)

OS X Yosemite リリースに向けて (Part.1) のつづきです。


a

【 HP 】http://www.apple.com/jp/

【 Yosemite preview ページ 】https://www.apple.com/jp/osx/preview/

 

yosemite
© Apple.inc image via Apple inc

 

今回の、 OS の変更で強化されたポイントとして、

大きく変化したポイントとしては、

  • インターフェイスの刷新
  • 標準アプリの強化
  • 「 Continuity ( コンティニュイティ ) 」

の、3つのポイントに大きく振り分ける事が出来ます。

 

今は亡き、故スティーブ・ジョブズが、iPhone や iPad がシェアを拡大し、

PCの存在が色褪せてしまった。という言葉を口にしてしまうくらい

PCの存在は過去にない程、実際に発売台数も激減してしまいました。

しかし、Apple は過去に「 Back to the Mac 」というスペシャルイベントを行い、

PCの存在感を取り戻そうとする動きをはじめました。

そして、いくつものアップデートを行い、よりユーザビリティの高い商品を

確実に追求してきています。

そして、その集大成がこの、 OS X Yosemite ではないでしょうか。

現在の、マーベリックスのフラットデザインや通知センターに

iCloud を介しての、iOS デバイスとの連携。など

を、より強化してきていて、まさに iOS を持っているのなら

Mac がほしいと確実に思わせる程の、ものを作ってきています。

後述しますが、コンティニュイティとは、「 継続性 」という意味で、

今までも、 iCloud でカレンダーやリマインダ、メモ帳や連絡帳など

同期が出来て、今までも、凄く便利でした。

しかし今回は、今までが “連携” なら、今回は “連続” 。

今までは、数十秒から数分は掛かっていましたが、今回はおそらく

何秒かでシームレスに同期できる様になります。

これに関して、新機能の1つに「 Handoff ( ハンドオフ ) 」という機能があり、

これは、例えば、 Mac で書き始めた文章を iPhone に渡して続きを編集して、すぐに iPadで見る。

みたいな事が、いわゆるデュアルモニター感覚で行える機能です。

 

これら、今回搭載してくるであろう新機能は、ほとんどが iOS デバイスとの

関わりを主軸としてきている事が言えます。

 

(Part.3) へ つづく。

 

最新情報をチェックしよう!
>