iPhone 2019

2019年のiPhoneは、USB-C? いや、端子は廃止。

  • 2018年10月9日
  • 2018年10月9日
  • iPhone

iPhone 2019

2019年のiPhoneは、LighteningでもUSB-Cでもなく無端子。

2019年のiPhoneに関して、lightening端子ではなく USB-C端子に変わるのではないかといわれています。

Digitimesは2018年モデルのiPhone、iPhoneXsやiPhoneXs MAX、iPhoneXRに搭載予定だったが設計段階ということで2019年に発売のiPhoneからlightening端子に変わってUSB-Cが搭載されるといいます。

ただこれは結構前から言われていた事で、EUがスマホの充電端子を統一しなさいと進めていることも関係していて、そうなるとUSB-Cが一番いい事は言うまでもないのですが、ただそうなった時に AppleがはたしてiPhoneにUSB-Cを搭載するかといわれるとそうじゃない気がします。
USB-Cは一つで様々な機器と接続することができて充電速度も早く、USB-Cに一足先に切り替えた 各種Mac との連携も良くなりいい事尽くめなんですが、Lightening端子よりも若干大きく、薄くなる事が正義である iPhoneに導入するのは少し考えにくい。iPhoneを一枚の板の様にしたいとするAppleはこれからも物理的なボタンや端子は排除してくるはず。

iPhoneがLightening端子を USB-C端子に切り替えることはないのではないかと思います。
仮に噂通り2018年搭載予定だったのが2019年に延びるのであればなおさらそう思えてきます。

iPhone自体、充電はiPhoneX、iPhone8、iPhone8Plus からQi対応のワイヤレス充電を搭載してきて、iPhoneのバックアップや管理はすべてiTunesでの管理が可能。音楽関係は、AppleMusicがあるし、データのやり取りはiCloudやAirDropもある。無線環境はほぼ整ってきている。3.5mmイヤフォンジャックはなくても、AirPodsやその他のBluetoothイヤフォンで聞くことができる。他機器との連携も WifiやBluetoothがあればどうにかなる。

この環境でわざわざiPhoneを少しでも厚くならざるを得ない状態や、防水の観点でも不利になるようなことをAppleがするかといわれるとしないんじゃないかなと思います。

それよりもワイヤレス化を加速させ、 USB-C端子の導入よりも iPhoneは、ワイヤレス充電やワイヤレス管理へ本格的にシフトし、Apple Watch のような無端子の方向に進む可能性もあるんじゃないかな。

Noma Labo

2018年のiPhone、「 iPhoneXs 」「 iPhoneXs MAX 」「 iPhoneXR 」。 カメラの性…

この記事の関連商品

[ad#k-iphone]

ノマドワークで生きる社長の
趣味と遊びのBLOG メディア。
事業の間に
IT や ガジェット等のtopic や tipsや
商品Pickup & Review 等
各種リーク情報・ウワサを配信しています。
仕事で使うiPhoneやMacBook Pro
カメラ関係の情報や
趣味のガジェットの
新情報やReviewが
メインになります。
是非 ご購読を御願い致します。

 

iPhone 2019
最新情報をチェックしよう!
>