2019年 iPhone11 カメラ

2019年のiPhoneのカメラレンズデザインの最有力候補

  • 2019年1月17日
  • 2020年5月13日
  • iPhone

最近2019年に発売のiPhoneのカメラレンズのデザインに関して様々なプロトタイプとされる画像が出回っていますが、どれもアップルらしからぬデザインで見知らぬ不安を覚えているのは私だけではないと思います。

2019年モデルのiPhone ( iPhoneⅪ )は、2018年同様 3モデル発売されるとみられ、OLEDモデルのiPhoneⅪとiPhoneⅪ MAXはトリプルカメラレンズが搭載されると言われ、廉価版とされるLCDモデルのiPhoneⅪR もシングルカメラレンズからデュアルカメラレンズになるといわれています。
現行のiPhoneXsとXs MAXのデュアルカメラレンズは1200万画素が2つ付いていますが、2019年モデルはトリプルレンズになり1400万画素が2つと1200万画素が1つ搭載されるとされ、3つ目のレンズが3Dセンサーを搭載するとも言われています。これによってポートレートモードの強化やSmartHDR の強化、暗所撮影写真の画質向上などが期待できます。
正方形のレンズ配置デザインや横長の配置デザインのプロトタイプが話題となっていますがiPhoneは左横の縦長デザインがいわばディフェクトスタンダードで、これまでの2つのプロトタイプとされる画像はやはり違和感があるように感じる。
背面カメラの最終的なデザインに関しては、以下の画像が最も近いデザインではないかと思う。

iPhoneⅪ・iPhoneⅪ MAX のリアカメラレンズデザイン

2019年 iPhone11 カメラ

iPhoneⅪ R のリアカメラレンズデザイン

iPhone11Rカメラ

[kanren id=”13036″][kanren id=”12173″]

ノマドワークで生きる社長の
趣味と遊びのBLOG メディア。
事業の間に
IT や ガジェット等のtopic や tipsや
商品Pickup & Review 等
各種リーク情報・ウワサを配信しています。
仕事で使うiPhoneやMacBook Pro
カメラ関係の情報や
趣味のガジェットの
新情報やReviewが
メインになります。
是非 ご購読を御願い致します。

 

 

2019年 iPhone11 カメラ
最新情報をチェックしよう!
>