Apple A15

iPhone13 は最大15%速く、省電力性能は30%良くなり、ポートレスモデル確定か?

  • 2021年4月7日
  • 2021年4月6日
  • iPhone

iPhone13シリーズに搭載されるとみられているチップ、「 Apple A15 」
TSMCの5nm製造プロセスであるN5の改良版N5P「 N5P 」ノードで製造され、5月末までに量産が開始されるとみられています。
今わかっているなかでは、クロック速度は 約10〜15%、消費量は 約 5%〜30%削減されるとみられています。
ちなみに、AppleとTSMCは、新型のiPadや、MacBook用に「 A14X 」「 A15X 」
新型 iMac用に「 A15T 」も開発中だといわれています。。

このチップは、クラッキングへの耐性を強化がかなり向上していると言われています。
なので、iPhone13シリーズは、いままでにないかなり強固なセキュリティを備えたデバイスなり
ジェイルブレイクすら困難になると予想されています。

iPhone13シリーズは、Proシリーズでポートレスモデルが発表されるとみられていますが
このポートレスモデルになることで多用することになるワイヤレス通信を通じた攻撃から守る為だと考えられています。

関連記事

随時更新中 今年発売の新型のiPhone「 iPhone13 」シリーズ。今年も、「 iPhone13 mini 」「 iPhone13 」「 iPhone13 Pro 」「 iPhone13 Pro MAX 」の4つの[…]

iPhone13
 

 

Apple A15
最新情報をチェックしよう!
>