ARM-2021-Cortex-Processors

ARM社が次世代モバイルデバイス向けCPUを発表

  • 2020年5月29日
  • 2020年5月29日
  • PC・IT

イギリスのARM社が2020年から普及が始まる 5G にも対応する高性能かつ高効率な
次世代モバイル向けのCPU
Cortex-A78 」と「 Cortex-X1

また、GPUの「 Mali-G78 」と
画像処理の機械学習や、拡張現実(AR)など機械学習に特化したものである
NPU ( ニューラルプロセッサユニット )「 Ethos-N78 」を発表しました。

Cortex-A78

前世代である「 Cortex-A77 」とアーキテクチャは同じであるものの
5nmプロセスノードで製造されるマイクロアーキテクチャを最適化する事で
パフォーマンスの向上と省電力化の向上、エリアサイズの効率化が図られている。
1W出力で 20% パフォーマンスが向上し、電力消費が 50%抑えられている。
また、ミリワットあたりの効率が非常に優れていて小型化された端末でも高い性能を発揮し 5G対応もサポートしている。

ARM-2021-Cortex-Processors

ARM-2021-Cortex-Processors

Cortex-X1

Cortex-Xカスタムプログラムの一環で、「 Cortex-A77 」に比べてピークパフォーマンスが 30%向上
機械学習が2倍向上、シングルスレッドでの整数演算パフォーマンスが 22%向上している。

ARM-2021-Cortex-Processors

ARM-2021-Cortex-Processors

Mali-G78

前モデルの「 Mali-G77 」とアーキテクチャは同じ、最大24コアをサポートしパフォーマンスが 25%向上
描写性能が最大 17%向上。演算処理性能が 15%向上。

ARM-2021-Cortex-Processors

ARM-2021-Cortex-Processors

Ethos-N78

前モデルの「 Ethos-G77 」に比べピークパフォーマンスが 2倍効率が最大 25%向上
DRAM帯域幅効率が 40%向上し、省電力と機械学習を効率良く行える様になる。

ARM-2021-Cortex-Processors

何がどうなるかとというと
要するに2021年のiPhone 13シリーズにチップの性能が飛躍的に向上するということ。
つまり iPhone13 のスペックが上がるという事。
また、噂される ARMベース独自CPUへの期待値も上がる。
AndroidのSnapdragonも同じ事が言える。
5Gを見据えた設計など将来的なデバイスのCPUの性能が向上するよということです。

source:ARM


ノマドワークで生きる社長の
趣味と遊びのBLOG メディア。
事業の間に
IT や ガジェット等のtopic や tipsや
商品Pickup & Review 等
各種リーク情報・ウワサを配信しています。
仕事で使うiPhoneやMacBook Pro
カメラ関係の情報や
趣味のガジェットの
新情報やReviewが
メインになります。
是非 ご購読を御願い致します。

 

ARM-2021-Cortex-Processors
最新情報をチェックしよう!
>