BeatsX 値下げ

BeatsX が値下げ

BeatsX 値下げ

 

BeatsX が値下げ

2016年に発売され凄く人気の高い「BeatsX」が発売から2年経ち、値下げされました。
今までは、14,800円 (税別)だったんですが、今は11,800円(税別)で発売されています。


ただ、ブラックやブラック&レッド、マットシルバー、マットゴールド、ホワイト、グレー、ブルー、レジスタンスと豊富なカラバリが無くなりブラックとサテンシルバーのみの販売となり、またパッケージデザインが変わっている事と、ウイングチップ とキャリーケースは付属しなくなる。
まぁここらへんはもともと 14,800円の時に買った人とかに損した気分にならない様な配慮したかたちでもあり、単純に価格が安くなるから仕方ないところはある。けど、ウイングチップ がないのはちょっと改悪かなと思ったりもする。

BeatsX 2
image via macotakara.jp

BeatsX 値下げ

Beats By Dre

あなたの毎日にフィット。Apple W1チップ搭載のBeatsˣ は、最長8時間持続するバッテリーとFast Fuelテ…

Apple(日本)

BeatsXイヤフォンは、ワイヤレスでつながる完璧なパートナーです。最大8時間駆動するバッテリーを備えているので、本格的…

BeatsXは、Beats by Dr.dre のワイヤレスイヤフォン。Bluetooth接続出来るデバイスであれば接続でき、煩わしいコード類を気にせずに Beats の迫力ある音質と高音の綺麗な音で音楽や動画を聞く事ができます。また、Appleの W1チップが搭載されていて、特にiPhoneやiPad、Macとの連携が非常にシームレスでApple製品を特に良く使う人で音を重視したい人にはとてもいいイヤフォンです。音質も最高で安いワイヤレスイヤフォンなどに良くみられる音ズレなどはなく、ファッション性も良くカラーも黒色などを選べる。
マグネットが付いていて、外している時に首にかけておけるしブラブラならず落下防止にもなっていて、絡みづらいし機能性も十分でとても使いやすい。
バッテリーも 最大8時間使えるし、充電に関しても 5分の充電で2時間使える FastFuel機能も搭載されており、充電の煩わしさもほとんどない。

今回の値下げは、次世代の W1チップをAppleが開発しており今年の年末に、新しい AirPodsなど新しいイヤフォンを発売するからではないかと言われています。
ただ、イヤフォンでも最近は高価になり、この BeatsXも値下げ前は十分高価でした。高くて悩んでいた人は音質も機能性もファッション性も十分いい BeatsXを手に入れるいいタイミングかもしれません。また、ワイヤレスイヤフォンを買おうと思っていた人も、とてもいい選択肢の一つになるんじゃないかと思います。

Noma Labo

iPhone7を購入した時から、ずっと思っていた事になりますが、ワイヤレスのイヤフォンを導入する事。 今回は、自身初のB…

Noma Labo

目次 1 BeatsX が充電すら出来なくなって修理へ1.1 BeatsX のリセット方法2 修理報告書3 Beats …

 

この記事の関連商品

関連コンテンツ


ノマドワークで生きる社長の
趣味と遊びのBLOG メディア。
事業の間に
IT や ガジェット等のtopic や tipsや
商品Pickup & Review 等
各種リーク情報・ウワサを配信しています。
仕事で使うiPhoneやMacBook Pro
カメラ関係の情報や
趣味のガジェットの
新情報やReviewが
メインになります。
是非 ご購読を御願い致します。

 

 

BeatsX 値下げ
最新情報をチェックしよう!
>