Nikon Z8

Nikon Z8 予想スペック

Nikon の初のフルサイズミラーレス Nikon Z7と、 Nikon Z6が登場して約1年半程度経過し
昨年 2019年11月22日には下位機種としての位置付けになるDXフォーマットミラーレスNikon Z50が発売され
そろそろ次期モデルというか上位モデルの噂もちらほら出てきている。
この記事ではNikonの次期フラグシップフルサイズミラーレス機についてまとめていきます。

6,000万画素で
デュアルスロットは間違いないのか?
情報屋
センサーに関しては
有効画素数 6,100万画素という
情報は間違いない…

Nikon Nikon Z7と、 Nikon Z6は完成度が高かったし
ファームアップで機能面での強化もされてきているが
シングルスロットや縦グリがないこと、拡張性の面でやや不満もあったのは確かで次期モデルに対して望まれることも含め
予想を見ていきます。

次期モデルの最有力候補はNikon Z7と、 Nikon Z6の上位機種という位置付けの「 Nikon Z8 」
これは確実に高画素機になる。なぜならSONY α7RM4が出たから。
SONY α7RM4同等のセンサー ( 60MPセンサーIMX455AQR ) を搭載した
カメラが出るんじゃないかというのが現状一番確率が高いとされている。
SONY α7RM4同様に6100万画素オーバー。

ソニー 6100万画素センサーIMX455

10コマ/秒程度のコマ数。そして、EXPEED 7
また、5段から5.5段のボディ内手ぶれ補正
2億4000万画素をキャプチャーできる新しいハイレゾリューションモード
常用ISO感度が 64 – 32,000 になる( 拡張ISO 32 – 102,400 )。
他にもNikon Z7と、 Nikon Z6で最も酷評されたシングルスロットがデュアルスロットになるとされている。このデュアルスロットはCFexpress TypeBの 2枚挿しが現状一番考えられているが CFexpress TypeB とUHS-Ⅱ SDカード になる可能性もありここはまだ現段階では有力な情報がない。
さらに576万ドット程度のEVFや、3方向チルト式液晶モニター縦グリップのオプションが可能になることやNikonの上機種で搭載されている丸型のファインダーも搭載されるんじゃないかと言われています。また、デュアルスロット化に伴って若干筐体は大きくなるんじゃないかと考えられている。

Nikon Z8 予想スペック

  • 解像度は、6100万画素オーバー
  • 10コマ/秒
  • EXPEED 7
  • デュアルスロット ( CFexpress 2枚挿し )
  • 576万ドット程度のEVF
  • 3方向チルト式液晶モニター
  • 5.5段のボディ内手ぶれ補正
  • 2億4000万画素をキャプチャーできる
    新しいハイレゾリューションモード
  • 丸型のファインダー
  • 縦グリップ対応

Nikon Z8 の価格

Sony α7Ⅳが発売当初 41万4,779円〜前後で推移していたことと Sonyのセンサーマージンを考えると
価格はボディのみで、 約 43万円前後 ではないかと思われます。

Nikon Z8 の発売日

発表日・発売日はもちろんまだ未定ですが
おそらく 2021年 9月前後になるのではないかと思います。

Nikon Z8 予想画像

Nikon Z8Nikon Z8
Nikon Z8Nikon Z8
Nikon Z8Nikon Z8
Nikon Z8Nikon Z8
関連記事

今年1月に Nikon Z7を買ってみたので簡単にレビューをしたいと思います。[blogcard url="https://www.nikon-image.com/products/mirrorless/lineup/z_7/"[…]

Nikon Z 7 レビュー

この記事の関連商品


ノマドワークで生きる社長の
趣味と遊びのBLOG メディア。
事業の間に
IT や ガジェット等のtopic や tipsや
商品Pickup & Review 等
各種リーク情報・ウワサを配信しています。
仕事で使うiPhoneやMacBook Pro
カメラ関係の情報や
趣味のガジェットの
新情報やReviewが
メインになります。
是非 ご購読を御願い致します。

 

 

Nikon Z8
最新情報をチェックしよう!
>