Nikon Z9

Nikon Z9 公式発表。Nikon Z9はD6の様なフラグシップ機、Nikon Z8は高画素機

Nikonが公式に、フラグシップミラーレス一眼機「 Nikon Z9 」を発表。

  • 新開発FXフォーマットスタックドCMOSセンサー
  • 新しい画像処理エンジン
  • 8Kビデオ録画のサポート
  • 他のさまざまなビデオ仕様

少し前に、ニコン イメージング事業部長がフラッグシップミラーレス機を開発にしているとコメント。
Zシリーズのフラグシップ機が存在することが明らかになり、2021年の後半に登場すると言及されています。

「D6」を凌駕することを目標に開発を進めており、高度なプロフェッショナルのニーズに応えていく。
新モデルでは、新たに開発した高解像度積層型CMOSセンサーを搭載する。
「 幅広いジャンルの静止画撮影者にとって大きな技術的進歩となる。 」とも言われていて
あらゆる種類のコンテンツ制作者や、プロのニーズに応える8Kなどの強力なビデオ機能も検討している。とされています。

以前にも、Nikonは、当面はミラーレスに集中し、Zシリーズの最上位機種の開発を行っているといわれていましたが
先日発表された1インチ積層型イメージセンサーからの、高解像度積層型センサー搭載のフラグシップ機への言及。
久々にやる気のあるNikonを見ている気がします。
自社開発の高解像度積層型センサーの搭載となると、Sonyのフラグシップ機「α1 」や、Canonの噂のフラッグシップ機「EOS R1」、他に負けないフラグシップ機種が期待したいところです。

Nikon Z7ⅡとZ6Ⅱ発表され堅実な進化も、マイナーチェンジ感が強く
買い換えたいと思うほどの期待していた変化はなかった。
その期待を、おそらくでるであろう「 次期 Nikon Z 」に向けている。
現状では、6000万画素センサー、8Kビデオ、EXPEED 7、3方向チルト式液晶モニターなどが搭載されるとみられています。というかしてほしい。
今回は、「 Nikon Z9 」の発表でしたが、番号的に考えて「 Nikon Z8 」も存在すると言っていいのかもしれません。

 

Nikon Z8

Nikon Z8は高画素機。
D850的な立ち位置

  • 総画素数 6250万画素 ( 有効画素数 6100万画素 )6000万画素センサー
  • 576万ドット・16ビット A/Dモデル・120Hzリフレッシュレートの EVF
関連記事

 随時更新中 Nikon の初のフルサイズミラーレス Nikon Z7と、 Nikon Z6が登場して約1年半程度経過し昨年 2019年11月22日には下位機種としての位置付けになるDXフォーマットミラーレス「 Nikon […]

Nikon Z8

Nikon Z9

Nikon Z9はフラグシップ機。
D6的な立ち位置

  • 総画素数 4689万画素 ( 有効画素数 4575万画素 )センサー
  • 576万ドット・16ビット A/Dモデル・120Hzリフレッシュレートの EVF
  • 速くて正確なAFトラッキング ( Nikon D6よりも優れている )

 

この記事の関連商品

Nikon Z7Ⅱ
Nikon Z6Ⅱ
Nikon Z9
最新情報をチェックしよう!
>