WWDC 2020 まとめ

WWDC 2020 まとめ。と、これからのAppleについて

  • 2020年6月24日
  • 2020年7月13日
  • Apple

「 WWDC 2020 」がオンラインで開催され
「 iOS 14 」「 iPadOS 14 」
「 macOS Big Sur 」「 watchOS 7 」をはじめ
ARMベース独自CPUへの移行に関する話が出てきました。
残念ながら、新型 iMac 2020 や
噂のあった「 Appleタグ 」や「 新型AirPods 」
「 Apple純正ヘッドフォン 」などのハードウェアの発表はありませんでしたが
今年後半の情報もあるので期待して待ちたいと思います。

今回は、WWDC 2020で発表されたものを
簡潔にまとめたいと思います。

iOS 14

iOS 14

  • ホーム画面のカスタマイズ性能の向上と
    APP Library・ウィジェットのホーム画面配置・着信表示のコンパクト化
    などの刷新
  • グループメッセージ機能の充実
  • ミー文字のカスタマイズ性向上
  • マップの性能向上
    サイクリング・ガイド・電気自動車ルート
  • ピクチャインピクチャ機能
  • Safariの機能向上
    翻訳機能・セキュリティ向上・プライバシーレポート・高速化
  • Siriの性能向上
    起動時コンパクト表示・Web起動・音声メッセージ・翻訳アプリ
  • Homeの機能向上
  • Car Keys
    車のキーの解除とエンジン始動・家族などへのキーシェア
  • AirPodsの性能向上
    バッテリー通知・サラウンド対応・自動切り替え機能・Apple TV 2台接続
  • App Clip

デザインが刷新されて、App ライブラリやウィジェットが搭載され
これまで以上に使いやすくなりそうです。

新しいウィジェット機能。
ピン留めしておいていつでも一目でわかる様に表示することができます。

iOS 14

App ライブラリは
ホーム画面の最後に表示される様になり
全てのアプリを自動的に
その時々で役に立つアプリをまとめて
表示してくれるというもの。

iOS 14

電話やSiriが表示が全画面ではなくなり、コンパクトに表示される様になります。

着信画面。
コンパクトに表示されます。

iOS 14

Siriの=も表示がコンパクトになります。
iOS 14
iPad の様にiPhoneでも、ピクチャインピクチャが使える様になります。
別のアプリで作業をしながら
ビデオを見たり、FaceTime通話をしたりすることができる様になります。
iOS 14
App Clip というアプリが設計されて
特定の製品やサービスに対して
必要な時だけQRコードなどを読み込み
自転車のレンタルや、支払いなどアプリを使うというもの。
iOS 14
マップアプリが拡充されて、自転車専用のルートを探してくれたり
EV ( 電気自動車 )専用のルートを案内してくれたり、充電スタンドを表示してくれる様になります。
iOS 14
iOS 14
Car Keys が搭載され、対応する車においてロックを解除しエンジンを始動することができる様になります。いわゆる、デジタルの車の鍵で、家族とシェアすることも可能です。
iOS 14 Car keys
翻訳アプリもリリース。音声でもテキストでも可能。
これ、オフラインでも使えます。
iOS 14 翻訳アプリ
「 ホーム 」に新しいステータスの表示が加わり、登録デバイスの状態を一目で確認することができる様になります。
iOS 14

iPadOS 14

  • ホーム画面のカスタマイズ性能の向上と
    ウィジェットのホーム画面配置・着信表示のコンパクト化
    などの刷新
  • アプリのサイドバーデザインとプルダウンメニュー刷新
  • Apple Pencil 「 Scribble 」
    手書きとテキストの融合 ( 文字認識と図形の清書は英語と中国語のみ )ということで
    手書き文字の認識・Safariでの手書き検索・リマインダー・自動変換が可能になる
  • ARの機能向上
    LiDARスキャナ深度測を使った Depth API
  • Siriの性能向上
    起動時コンパクト表示・Web起動・音声メッセージ・翻訳アプリ
  • App Clip ( NFC は使用不可 )

macOS 11「 Big Sur 」

macOS 11「 BigSur 」

  • デザインの刷新
    新しいアイコンデザイン
    半透明のメニューバー
    通知センター
    ウィジェット
    ボタンやコントロールの刷新
    サウンドの刷新
  • 「 メッセージ 」がiOSと同じ機能
    ミー文字やステッカー、エフェクトなど
  • マップも iOSと同じ機能へ
  • Safariの機能拡充
    翻訳機能搭載やタブプレビュースタートページカスタマイズ性能

新しいmacOS 11。
その名も、「 Big Sur 」( ビッグサー )。
「 macOS Redwood 」( レッドウッド ) でも
Sequoia ( セコイア )でも、Sonoma ( ソノマ )でも、Ventura ( ベンチュラ ) でも
Mammoth(マンモス)でも、Monterey(モントレー)でも、Skyline(スカイライン)でも
ありませんでしたね。
バージョンが 10から 11に変わり
過去10年以上で最大のデザイン上のアップデートが行われたそうです。
モダンですっきりとした外観
Safari、メッセージ、マップなどの主要アプリケーションが大幅に機能強化
新しいプライバシー機能も搭載されます。
アイコンやカラーパレッド、マテリアルなどMacらしさを残しつつ
iPhoneなどとの一貫性を持つデザインに刷新。

アイコンや
コントロールセンター、ウィジェットのデザインが変わり
iPhoneなどと一貫性があるデザインに変更されます。

macOS 11「 BigSur 」

アイコンのデザイン
角ばりの四角のデザインで
すこしぷっくりとしたデザインになっています。

macOS 11「 BigSur 」

コントロールセンター

macOS 11「 BigSur 」

通知センター
macOS 11「 BigSur 」
Safariの新機能としてホームページ上の背景画像とコンテンツをカスタマイズすることができる様になり、タブにマウスを重ねるだけでそのページのプレビューを見ることができる様になります。
macOS 11「 BigSur 」
メッセージ機能が刷新されて
iOSの「 メッセージ 」のような機能が搭載。
ミー文字のカスタマイズやミー文字ステッカーがMac上で可能になります。
macOS 11「 BigSur 」
マップも刷新され、自転車や電気自動車でのガイド、ルートをiPhone等に送信して
使うことができます。
macOS 11「 BigSur 」

watchOS 7

watchOS 7

  • watchフェイスのカスタマイズ性能向上
    コンプリケーションのバリエーションや
    作ったフェイスのシェア機能
    ショートカットがコンプリケーションに登録可能
  • アクティビティがフィットネスアプリへ
  • Apple純正の「 スリープトラッキング 」アプリが搭載
  • 手洗い検知機能
  • 耳の健康機能の改善
  • マップのサイクリング機能対応
  • Siriの機能向上
    翻訳機能対応、聞き取り機能の強化

まず、新しいウォッチフェイスが加わります。
個人的にマジでカッコいいなと思う
「 クロノグラフプロ 」

今までで一番かっこいい
ウォッチフェイスだと思う。

watchOS 7

そして、写真の文字盤にカラーフィルタを加えることが出来るようになり
特大文字盤に様々なコンプリケーションを追加することが出来るようになります。

1つの文字盤に同じアプリケーションから
複数のコンプリケーションが提供できるようになります。
たとえば、Glow Babyの複数のコンプリケーションを表示して
ミルクの時間、母乳の時間、搾乳の統計、昼寝の記録などを行ったり
Dawn Patrolでサーフスポットの潮の満ち引き、風速、水温を表示したり
することが出来ます。

Glow BabyのウォッチフェイスwatchOS 7
Dawn PatrolのウォッチフェイスwatchOS 7

watchOS7 から、カスタマイズされたウォッチフェイスを共有したり
ウェブサイトやApp Storeからダウンロードすることが出来るようになります。

watchOS 7
watchOS 7
そして、スリープトラッキングが搭載されました。
加速度センサー微細な動きを検出しいつ眠っているか
毎晩どれくらいの睡眠時間を取っているかを賢く認識し
朝になったら、前の晩の睡眠について
起きている期間や眠っている期間を含めて視覚的に確認することが出来ます。
必要な睡眠時間を考えてくれて
睡眠のため睡眠時間の確保を促してくれます。
予定通りに就寝し、就寝前のルーティンの役立つ就寝前のルーティンを作ってくれて
ホームアプリケーションで特定のシーンを設定したり
リラックスできるサウンドを聞いたり
お気に入りの瞑想アプリケーションを使うことができます。
また、睡眠モードでは、Apple Watchのおやすみモードになり
夜間は画面を自動的に暗くします。

起床時は、起床しやすいように消音の触覚的なアラームや優しいサウンドで起こしてくれて
起床画面には現在のバッテリー残量やその日の天気を表示してくれます。
ユーザーの充電パターンに応じて
就寝1時間以内のバッテリー残量が少なすぎる時は充電するよう促してくれます。
watchOS 7
このご時世、これからのご時世。
手洗い検出機能が搭載されるようです。モーションセンサー、マイク、そしてデバイス上の機械学習を利用し、手を洗う動きと音を自動的に検出し20秒のカウントダウンタイマーがスタートし、ユーザーの手を洗う時間が短い際に、もっと続けるよう促してくれます。
また、帰宅すれば手を洗うよう促してくれる機能もあります。
watchOS 7
ワークアウトの種類が増えます。
4種類の新しいワークアウト、コアトレーニング、ダンス、機能的筋力トレーニング、クールダウンが追加されます。
また、iPhoneのフィットネスアプリケーションでよりスマートにデータを閲覧できるように
デザインが刷新されます。

watchOS 7
watchOS 7
耳を労ってくれる機能が搭載されるます。
イヤフォンなどで音楽や動画を見たり聞いたりする機会が増えた現在。
聴力に影響が出る、たとえば 80dBまでの音量だと
週に40時間さらされても聴力に影響は生じないとされています。
こういった音量レベルや時間を検知してくれて
通知してくれるみたいです。
watchOS 7
自転車に乗って出かける際
Apple Watch で経路案内を利用することができるようになります。
watchOS 7
Siriを使ってApple Watch で翻訳することができます。
watchOS 7
Apple Watch でショートカットアプリを使うことが出来るようになります。
watchOS 7

「 Apple Silicon 」移行

Appleシリコン MacBook Pro

現在Macに搭載されているIntelの「 x86 」アーキテクチャからのチップから
ARMベース独自CPU、「 Apple Silicon 」への移行が正式に発表されて
今まではiPhoneやiPad、強いてはApple Watch なんかには
Apple独自のCPUが搭載されていて
唯一、MacだけがIntel製のものになっていて
エネルギー効率改善やIntelの製品サイクルに依存することなく
Macの販売計画を立てる事ができる様になる。

またこの「 Apple Silicon 」はかなりのスペックを誇っている様で
FINAL CUTなんかはものすごく速く、問題なく動くとされていて
互換性に関しても
AdobeのソフトやMicrosoftのwordやExcel、PowerPointといった
そふとも問題なく動きますというプレゼンもあり
仮想デスクトップのparallelsも問題なく動く様です。
対応していないアプリやIntelチップにて動くアプリに関しては
「 Rosetta 2 」が搭載され
自動で既存のアプリが使える様にしてくれるということ。
かつて、Intel Mac に切り替わったときの「 Rosetta 」様な機能が
搭載されているとのことでした。

デベロッパー向けに
クイックスタートプログラムとして
Mac mini enclosure +A12Z Soc
16GB のメモリー、512GB SSD の
「 macOS Big Sur developer beta +Xcode 」がのった
「 Developer Transition Kit 」
が開始されます。

今後 2年かけて「 Apple Silicon 」に移行していくということで
Intel Mac も今後サポートはされると言われていました。
が、今後発売される Mac はすべて
この「 Apple Silicon 」が搭載されたモデルになっていくことになります。
WWDCという公式の場で
今年度末になにか動きがあると言われていたのでこれは期待です。

今年は、Apple製品は買えません。

関連記事

MacBook Pro 2020 13インチが発表され、大きなモデルチェンジのあった2012年や2016年モデルと4年おきの2020年もかなり大きな変化があるのかと思いきや、少し期待外れのマイナーチェンジに終わりました。順当なス[…]

ARM MacBook
関連記事

随時更新中 記事2020年6月もしくはWWDC 2020 にて新型 iMac 2020 が発表・発売されるんじゃないかと言われていましたがWWDC 2020 では発表されませんでした。ただ、今までの情[…]

iMac 2020

 

source:Apple

この記事の関連商品


ノマドワークで生きる社長の
趣味と遊びのBLOG メディア。
事業の間に
IT や ガジェット等のtopic や tipsや
商品Pickup & Review 等
各種リーク情報・ウワサを配信しています。
仕事で使うiPhoneやMacBook Pro
カメラ関係の情報や
趣味のガジェットの
新情報やReviewが
メインになります。
是非 ご購読を御願い致します。

 

WWDC 2020 まとめ
最新情報をチェックしよう!
>