WWDC 2018 の前にAppleの3月のイベントが3月28日0時から。 (日本時間)

  • 2018年3月18日
  • 2020年5月13日
  • Apple

Apple Events 「 Creative New Ideas for Teachers and Students 」

Appleのイベントが3月28日 0時から ( 日本時間 ) 開催されると発表された様です。今回は題名通り教育関係向けのイベントになる様で、会場も今回はシカゴにある高校という事なので、ビックな新製品ニュースは期待できないかもね。

対象を明確に教育関連としてきているので、廉価版の製品や程価格帯の商品などが主な内容でAppleは低価格帯シリーズの強化をしてくるのではないかと言われています。

今回発表されるであろう製品

iPad

Image via Apple

現行の iPadは 3万7800円から。それが今回は1万円くらい値下がりして2万8000円くらいでリリースされると言われています。まさに今回のテーマの教育現場での導入や産業など様々な場面でタブレットを導入する際に大量導入の肝は価格。iPadは高い。だから今回より低価格帯でリリースするのでしょう。ただ、ここまでなるとアップデートとがどこまでされるのかが心配になりますが、なんかされなさっっっそうですね。噂されている、FaceID搭載やベゼルレスモデルはiPad Proとかで搭載され WWDC 2018 とかで出てくるんでしょうね。

 

MacBook Air

Image via Apple

2018年の第2四半期(4月〜6月)に新型MacBook Air をリリースすると言われており、今回のイベントがそれに当たるとされています。現在、MacBook Air の価格は、9万8800円からで、高い高いとされるMacとしては破格ですが今回は更にリーズナブルになるとされ、8万5000円からとされています。MacBook Airは11inchが廃止され13.3inchもいずれなくなるのではとされていましたが、低価格帯シリーズとして生き残る形になる様ですね。ただ、Retinaディスプレイを搭載した12inch MacBookやMacBook Proがある中で低価格を重視したモデルとして差別化して、また現行は第5世代CPUなど使えないので今回どうアップデートされてくるのかが気になるところあります。ちなみに、MacBook は、14万2800円から。Touch Bar付きのMacBook Proは、19万8800円から。

 

 

Appleはタブレットでは iPad。PCでは MacBook Air 。スマホなら iPhoneSE と低価格帯でのシリーズというものをラインナップするということ。そして今回は教育関連に向けてという事なのでiPadとMacBook Air がリリースされるでしょうという事。今噂の iPhoneSE2に関しては、教育関連ではないのでたぶん発表はなさそうです。WWDC 2018 でのリリースになりそうですね。

この記事の関連商品


ノマドワークで生きる社長の
趣味と遊びのBLOG メディア。
事業の間に
IT や ガジェット等のtopic や tipsや
商品Pickup & Review 等
各種リーク情報・ウワサを配信しています。
仕事で使うiPhoneやMacBook Pro
カメラ関係の情報や
趣味のガジェットの
新情報やReviewが
メインになります。
是非 ご購読を御願い致します。

 

最新情報をチェックしよう!
>