Apple 2021

Appleの2021年予想製品ロードマップ

2020年は、5Gに対応し角ばったデザインが復活したiPhone12やiPhone SE。ちょうどいいサイズ感のiPhone12 mini。3眼のiPad Pro、血中酸素を計測できるようになったApple Watch Series 6にApple Watch SEや、なんといっても「 M1チップ 」搭載のMacBook AirにMacBook Pro、Mac mini。最後の最後にApple初のオーバーイヤーヘッドフォンの AirPods MAXが発売され盛り上がりました。
来年の2021年にはどんなプロダクトが出てくるのか今からワクワクしますが、現状2021年は恐らくミニLEDや5G、Macの年になると思います。多くの製品にミニLEDが搭載されるようになり、iPhoneはディスプレイ内蔵Touch IDか、電源ボタンへのTouch IDの搭載。Apple WatchにはDigital CrownにTouch IDが搭載。Macはいよいよ新デザインになり、Face ID搭載やFaceTimeカメラのフルHD化モバイル通信対応など今度は外観的、機能的に劇的な進化が期待される年。2020年の発売日を振り返りながら2021年のロードマップを予想してみました。
まだまだ、予想に過ぎませんしMacに関しては、「 M1チップ 」になり現状発売サイクルが全く予想がつきません。
こういったプロダクトロードマップは本来現行品の買い控えが起こるのでメーカーは絶対に出しませんが、敢えて予想ロードマップとして考えてみましたので現状の参考として見てみて下さい。

2020年にAppleがリリースした製品

Apple製品 発売日 2020

2021年に登場するであろうApple製品

2021年 予想プロダクト
ロードマップ

2021年 Apple ロードマップ

2021のApple製品

iPad Pro

Apple A14X Bionicチップが搭載されるとみられていて、11インチiPad Pro ( 3rd Gen ) は引き続きOLEDで、12.9インチiPad Pro ( 5th Gen )はミニLEDディスプレイ搭載されるといわれています。

 ミニLED  
電力消費が少なく長時間使用の焼き付きなどが防止できる。
また、従来のLEDよりも輝度が高い。
iPad Pro 2021
iPad Pro 2021
iPad Pro 2021
iPad Pro 2021
関連記事

随時更新中 今年発売される、新型のiPad Pro。「 iPad Pro 11インチ 第3世代 」と「 iPad Pro 12.9インチ 第5世代 」の2モデルのラインナップになるとみられています。「 iPad Pro 12.9インチ[…]

iPad Pro 2021

iPad Air ( 5th Gen )

チップは A14 Bionicチップ据え置きで、ディスプレイはOLEDだとみられています。

iPad ( 9th Gen )

チップはA12 Bionicチップから、A13 Bionicチップにアップデートされ、ディスプレイは若干大きくなるんじゃないかといわれています。

関連記事

随時更新中 Appleは、今年 9代目のiPadを発表します。無印の「 iPad  ( 9th Gen ) 」です。iPadももう9世代目になり、コスパの優れたモデルとして人気のモデルですが、今年のモデルも、第3世代のiPad[…]

iPad 2021

iPad mini ( 6th Gen )

A14 Bionicが搭載。ディスプレイはミニLEDディスプレイが噂されていますが、おそらくOLEDで据え置かれる可能性が大きいように感じます。

関連記事

随時更新中 今年発売されると言われている、新型のiPad mini「 iPad mini 6 」。iPad miniとしてはじめてApple Pencilに対応した現行の「iPad mini 5」の後継機種としてリリースされる[…]

iPad mini 2021

AirPods Gen3

本体デザインがよりコンパクトになり、感圧センサーが搭載され、MagSafeとU1が実装されるとみられています。

AirPodsPro ( Gen3 )
AirPodsPro ( Gen3 )
AirPodsPro ( Gen3 )
AirPodsPro ( Gen3 )
AirPodsPro ( Gen3 )
AirPodsPro ( Gen3 )
AirPodsPro ( Gen3 )
AirPodsPro ( Gen3 )

14インチMacBook Pro

13インチMacBook Proの上位モデルがアップデートされM1Xチップ、もしくはM1Zチップが搭載されるとみられていて、新しく設計されたデザインになり13インチは14インチになると考えられます。
MacBook ProもまたミニLEDが搭載されるといわれています。

24インチiMac

14インチMacBook Proと同じタイミングで21.5インチiMacも24インチになりM1Xチップ、もしくはM1Zチップが搭載。初のAppleシリコン搭載のiMacがリリースされるとみられています。

iPhone 13

現状明らかになってきているのは、5nmプロセッサ、おそらく A15 Bionicチップが搭載。
iPhone 13Pro iPhone 13 Pro MAX は、120Hz のProMotion LTPOディスプレイが搭載され、Lightning端子が廃止されるということ。

  ProMotion ディスプレイ  
ディスプレイのリフレッシュレートが通常 60Hzに対して 最大120Hzで表示でき
動きがより滑らかに表示されるようになる。
 LTPO ディスプレイ 
Low Temperature Polycrystalline Oxide :( 低温ポリシリコン酸化物 )ディスプレイのことで
チップ、ドライバー、環境光センサーにて周囲の明るさでなどで画面の明るさを変えたり、リフレッシュレートを可変できるもの。
これによりバッテリー消費量抑えることができるもの。
常時表示に対応したApple Watchのように、通常モード省電力モードとモードを切り替える事でバッテリーを持たせる事ができる。

Apple Watch Series 7

一部ではデザイン変更が行われるとの見方が強いですが現状どうなるかまだわかりません。
丸型になるのかiPhone12の用にスクエア型になるのかわかりません。
ただ、新たに血糖モニタリング機能が搭載されるのではないかと噂があります。

Apple Watch Series SE ( 2nd Gen )

常時表示が可能になり筐体デザインは据え置きだと考えられています。

16インチMacBook Pro

16インチMacBook ProにもAppleシリコンが搭載され、「 M2チップ 」が搭載されると考えられます。
16インチMacBook ProはミニLEDが搭載されるといわれています。
現状この「 M2チップ 」がリリースされるタイミングで新しいMac miniと、iMac 27インチもしくは32インチiMacがリリースされると考えられます。

M2 16インチMacBook Pro
M2 16インチMacBook Pro
M2 16インチMacBook Pro
M2 16インチMacBook Pro
M2 16インチMacBook ProM2 16インチMacBook Pro
M2 16インチMacBook Pro
M2 16インチMacBook Pro
M2 16インチMacBook ProM2 16インチMacBook Pro
M2 16インチMacBook ProM2 16インチMacBook Pro

AppleTV

A12X Bionicチップが搭載されて、ゲームに特化したモデルに進化するとみられています。

AirTags

16インチMacBook ProにもAppleシリコンが搭載され、「 M2チップ 」が搭載されると考えられます。

 

source ; Matt Talks Tech
source : yankodesign


この記事の関連商品

Apple 13インチMacBook Air (M1)
Apple 13インチMacBook Pro (M1)
Apple 2021
最新情報をチェックしよう!

注目のうわさの最新記事8件

>